スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼちぼちと・・・

JUGEMテーマ:フィッシング

4月16日(火)

ワカサギも終わりようやくFFへと気持ちを切り替える事が出来た。
いきなり丸一日は疲れてしまうので、半日コースで地元の流れを歩いてきた。
のんびり自宅を出て、目的の流れに立ったのが11:30。
かなりのスロースタートだ・・・^^;
途中の林道には釣人らしき車が数台あったが、私の選択した流れには先行者は無し。
これで気兼ねなくマイペースで釣り上がる事が出来る。
水温を計ると11℃と良い感じだ。
ロッドにラインを通し数投目で今季初のイワナちゃんが顔を見せてくれた。
サイズは掌サイズだが、開始早々の御挨拶に思わず顔がにやけちゃう^^



今日は気温が高いせいか反応は非常に良く、大して釣り上がっていないのに同サイズが次から次へとフライに飛び付いてきた。
此処は放流がされていない流れの為、全て無垢な天然イワナのみ。
放流魚には無い魚体の美しさが私を夢中にさせる。
しばらく釣り上がると、倒木が流れを堰き止め良い感じの巻き返しを作り出しているポイントが現れた。



タイトループで倒木の下にフライをねじ込むと、良い感じの出方でフライを吸い込む。
気持ちよくロッドが曲がり、1回りサイズUPに成功。



だいぶ釣った気分で時計を見ると、まだ2時間しか釣り上がっていない。
この時点で何匹釣ったが解らないが、確実にツ抜けはしている。
予定では17:00まで釣る予定なので、まだまだ楽しめそうだ。
ところが更に1時間ほど釣り上がった時点で、上流に竿が見えた。
どうやら餌釣り師が上流から釣り下ってきたようだ。
少々気分を害したが、気持ちよく最初の釣りを終わりたいので大人しく此処で納竿。
予定よりだいぶ早上がりの実質3時間の釣行となったが、シーズン開幕の肩慣らしには丁度良かったかな^^
スポンサーサイト

ラストは野尻湖で

JUGEMテーマ:フィッシング

4月5日(金)

季節も進み冬から春へと変わったが、名残り惜しむように最後のワカサギ釣行へと行ってきた。
最後の釣行は野尻湖での屋形船。
釣果に拘らず最後は仲間同士で楽しんできた。



今回も『ほとり荘』でお世話になり、私達が乗り込んだのは1号船で総勢13名。
22人乗りの屋形船だけに、ゆったりとスペースを使う事が出来た。



少々の風は有ったが天気も良く、最後の釣行には申し分ない。
各々のスタイルで楽しく最後の釣りを楽しんだ。



釣り始めは好調だったが徐々に食い渋り、11時頃にポイントの移動が有った。
移動してからは入れ食いは無かったが、良い感じで釣れて楽しい時間を過ごす事が出来た。
ただ昼過ぎにDDM(赤)の調子が悪くなり、騙し騙しやっていたが最終的にリールが巻き上げなくなって13時頃から竿1本での釣りとなったのが悔やまれる。
15時に船長の終了の合図で納竿とし、今季のワカサギ釣りは終了となった。



今回はメンバーの釣果は良く満足の行く結果が出せたようだ。
メンバー4人の釣果は↓

私 366匹(電動のトラブルがちょいと悔やまれる)
うーさん 299匹(どうしてもあと1匹釣りたかった様子)
後輩S 184匹(電動2刀流も慣れてきた?)
後輩T 135匹(初の3桁達成)



最後にほとり荘のお母ちゃんお礼を言って野尻湖を後にした。
これで私のワカサギシーズンは終了。
これからぼちぼち渓流モードへ気持ちを切り替えなくては^^;
まずは山菜でも採りながら、のんびり渓歩きをしてきたいと思う。
 

丹生湖 最終日

JUGEMテーマ:フィッシング

3月31日(日)

この日も赤城大沼の最終日へ行く予定で有ったが、今シーズンは氷の状態が悪いのが理由でクローズとなってしまった。
それでもワカサギモードがまだ抜けず、我慢しきれずに代わりに丹生湖の最終日へと行ってきた。
5:40に丹生湖の駐車場へと着くと、家を出るときに降っていた霧雨も止んでいた。
くしくも最終日は日曜日で込み合うのを予想していたが、生憎の天気で釣り客は少なめだった。
ゆっくり出掛けたつもりだったが先客は25名ほどで、10名づつ分けての入場で私は3回目で入場する事が出来た。



それでも北桟橋と南桟橋の手前は人気だろうから、今日は中桟橋で釣ろうかと考えていた。
桟橋の通路を進むと予想通り北桟橋は人気で手前側はすでに一杯だ。
遠目に南桟橋を見ると運良く前回の釣り座には誰も居なく、何故だか背中合わせ側の釣り座は一杯だった。
こうなれば中桟橋はパスして、もちろん南桟橋へ直行。



前回の釣りの感じだと仕掛けは1mも有れば充分なので、今回は『誘々ワカサギ』の10本針を4本針にカットし、約80cmの仕掛けを2つ作る。
この辺の仕掛けの準備は、いつもだと事前に用意して出掛けるのだが、今回は天気によっては中止にするつもりだったので準備していなかった。
準備をしている間にも周りの方達は入れパク状態で、焦ってしまい上手く結ぶ事が出来ず準備に手こずってしまった^^;
準備を済ませようやく釣りを開始すると、相変わらずの食いっぷりで仕掛けを下ろせば何もしなくても釣れる状況。
1時間ほどは『入れパク』状態は続いたが、7:00頃に遅れて後輩Sが来たと同時にまたもや群れの入りが悪くなってしまった。
本当に不思議だが後輩Sは何かを持っているようで、このような事が度々有る。
思わず隣が空いていたが、『頼むから隣に座らないでくれ』と口走ってしまった^^;
それでも何とか9:00までは時速100匹を上回っていたが、徐々に失速し朝一の貯金もなくなってしまった。
気分転換にトイレに行きながら北桟橋の状況を見ると、こちらは順調に釣れ続けている様子だった。



だんだんと天気も雲行きが怪しくなり、霧雨が降ったり止んだり。
10:00頃からは群れがほとんど入らなくなったが、底付近に魚は居るようで非常に小さいが当たりは有る。
この当たりが取れるか取れないかで、大幅に釣果が変わってしまう。
これがワカサギ釣りの面白いところ。
後輩Sも隣で『そんなに頻繁に当たりますか?』と不思議そうだった^^
お昼のサイレンが鳴るとほぼ同時に、空が泣き出し湖面が乱れ始めた。
雨足はだんだんと強くなり、12:30で強制終了・・・。
急いで後片付け済ませ車に戻った。
それでもギリギリ目標5束をクリアの507匹で終了。
後輩Sも1束を目標に頑張ったが、76匹で今回は終了し目標達成ならず。



天気予報だと15:00頃から降りだす予報だったが、予想に反して早く降りだしてしまい半日しか遊べなかった今回の釣行。
それでも半日で500匹オーバーで今回もお腹一杯となった釣行だった。
雨が降る中でも頑張っていた人も居て、最終的にどれだけ釣れたのか気になるところだが、個人的には気持ちよく終われて良かったと思う。
残すはラスト釣行となる野尻湖の屋形船。
不調だった野尻湖も右肩上がりとなり、4束・5束も出始めてきたようだ。
果たしてラスト釣行も気持ち良く終われるか不安だが、最後は皆で楽しく遊べれば何よりだ。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。