スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神流湖でジャンボを釣る!

JUGEMテーマ:フィッシング

11月28日(水)

今回はうーさんと群馬県と埼玉県の境に有る神流湖へと出掛けてきた。
なんでも神流湖はジャンボサイズのワカサギが釣れ、今年も嘘か本当かは不明だが19cmが出たとの情報も有る。(信じるか信じないかは、アナタ次第です!)
おまけに今年は当たり年で、良型が結構釣れているらしい。
しかしながら地元群馬と言っても、ここ神流湖は私もうーさんも初めての釣り場。
早速ネットで検索して情報収集を試みたが情報が極端に少なく、ボート屋が2つ有ると言う事くらいしか解らなかった。
まぁ行ってみれば何とかなるだろうと、いつもながら能天気に考えて現地へ向かった。
現地には予定より少し早目の5:30に到着。
トンネルを抜けると『ボート乗場』の看板が有り、その看板に従い湖へと下る。
しかし駐車場には車が1台も無く、桟橋の看板を見ると『平日営業7:00から』の文字が・・・。
マジかっ!?と思いながらも、もう1つのボート屋へダムサイトを渡り向かうと、こちらには数台の車が待機していて一安心。
支度を済ませ車中で待機していると、ようやく空が明るくなり始め景色が見え始めた。
すると今居る駐車場から湖面は遥か下に有る。
周りの人達は6:00近くになり出してから荷物を車から降ろし始めた。
えっ!荷物を持ってあんなに下に有る桟橋まで歩くの!?と思っている所へ軽トラが1台やってきて、みんな荷物を荷台に積み始めた。
なるほど!荷物を桟橋まで運んで貰って自分だけ歩いて行くシステムね!
でも遅れて来た場合は自分で荷物を運ぶのかな?
なにはともあれ無事に桟橋に到着し、ボート代2500円(一人だと2000円)と日釣り券1000円を購入し、お世辞でも綺麗とは言えないボートへと乗り込む。
ポイントなど全く解らないので、とりあえず手漕ぎボートでも行ける1番近く人が多いポイントへと向かった。



ロープにボートを縛り水深25mのポイントで準備を始める。
朝のうちは日も当たらないポイントで、凍える指先で何とか仕掛けと餌を付け仕掛けを下ろす。
しかし今日は天気が良いが気温が氷点下でとにかく寒く指先が言う事を利かない。
なんでも今年1番の冷え込みで12月下旬から1月上旬の陽気だったらしい。



仕掛けを下ろしてからしばらくして当たりが有り、合わせを入れるとワカサギが乗った手応えにリールを巻き上げる。
ジャンボワカサギかっ?とワクワクしてリールが巻き終えるのを待つが、残念ながら最初の1匹は普通のサイズ。
水深が深いからリールが巻き終えるまでの時間が長く、ドキドキも長く興奮は倍増する。



その後も中型は結構釣れるが特大のジャンボサイズは釣れない。
ボート乗場でこのポイントは人が入り過ぎて、サイズも数も出なくなったと言っていた言葉を思い出した。
それでも中型と言っても12cm以上は有りそうで、他の釣り場なら間違いなく大型なのだが・・・。
数は出ないがポツリポツリと釣れてくるので、飽きずに釣り続けられる。
10時近くになりジャンボとは呼べないのかもしれないが、良いサイズが釣れた。
余りの暴れっぷりに仕掛けがお祭りしてしまったが、このサイズが釣れれば文句は無い!



このサイズで13cmは超えているのだから、19cmっていったい・・・。
9時過ぎからようやく差し込み始めた太陽も、11時過ぎにはお山の陰へと入ってしまい再びブルブルと震えながら続行。
昼を廻った頃から極端に当たりが遠退き、辛抱の釣りがしばらく続いた。
寒さを堪えながら耐え続け、たまーに中型が釣れてくるのみ。
そして15時頃になりようやく今回最大のワカサギが姿を見せてくれた。
いままでのワカサギとは明らかに風貌が違う為、『本当にこれワカサギ?』と思ってしまった程だ。
見た感じでは15cmは有りそうに見え、ジャンボと言っても良いサイズでは無いだろうか?



結局その後はパッとしなかったが、初チャレンジの神流湖に満足する事が出来た。
数こそ少ないが量で言えば丹生湖のワカサギ300匹位にはなるのではないだろうか?
最終釣果はこんな感じ。



大・中・小が混じりで80匹ジャスト!
うーさんも途中で失速しながらも61匹で終了。
今回初チャレンジの神流湖、なんかはまりそうな予感・・・。
次回は束越えを目指したいと思う。

帰宅しジャンボワカサギを実測してみたら、予想通り15cm越えの15.5cm!
まさにジャンボと言うに相応しいワカサギだった。


スポンサーサイト

ワカサギ 丹生湖

JUGEMテーマ:フィッシング

11月13日(火)

今回は地元の丹生湖へとワカサギ釣りに行ってきた。
自宅から15分程の距離に有る為、ワカサギ釣りを始めた当初は良く通った湖だ。
うーさん&後輩Sと現地集合で6時50分頃に着くと、15人程のワカサギファンがオープンを待っている。
管理棟で釣果速報を見ると、棚は1~3mでサイズも小振りのようだ。
桟橋よりもボートの方が良さそうなので、ボートをレンタルし皆よりも少々遅れて出航。
丹生湖には2人乗りのボートしかない為、うーさん&後輩Sでコンビを組んでもらい私は単独で湖面へと出た。



ボートをロープに固定し魚探を見るが、それらしい群れは映らない。
とりあえず最初に固定したポイントで竿を出して見るが、余り反応は無く早々にポイントを移動。
得意なハイエナ作戦で嗅覚を利かせ釣れてそうなポイントを見て回る。
どうやら釣れているポイントは狭い範囲に限られているようで、そこ以外はポツポツ釣れて程度のようだ。
1番釣れているポイントから少し離れた場所が空いていたので、すかさずボートを滑り込ませる。
魚探にはやはり群れは映らないが、群れが廻って来るのを期待しボートを固定。
仕掛けを下ろそうと湖面を見ると、表層にワカサギが群れている。
まったくリールを必要とせず、仕掛けを水中に入れればワカサギが釣れてくる。
これでは余りにもつまらないので水深3~5mの棚に仕掛けを下ろすと、魚探には群れは映っていないが頻繁に当たりがある。
当たりが遠退いた時間帯も有ったが、比較的に1日釣れ続け棚が浅い事も有り数を伸ばす事が出来た。
15時30分まで釣り、最終釣果はこの通り。



サイズは4~8cmと小振りでは有ったが、元気に穂先を曲げてくれた。
うーさん&後輩Sはポイント選択をミスし、思うように数が伸びなかったようだ。
3人の釣果は以下の通り。

 オイラ    537匹
 うーさん 150匹
 後輩S  110匹

今回の仕様タックル
リール シマノDDM(2刀流)
穂先   ワカサギマチック(SH-04・SH-05)
仕掛け 渋りワカサギ1.5号 ハイパーパニック2号
オモリ クリスティア1.5g
餌     白さし
 

冬の訪れ

JUGEMテーマ:フィッシング

11月2日(金)

朝晩の冷え込みも日を追うごとに厳しくなり、外へ出るのも何となく面倒臭くなり始めた今日この頃。
重い腰を上げ、すでに紅葉も終わったであろう山上湖へと出掛けてきた。
この日はこの秋1番の冷え込みで、ラジオからは渋峠が雪のため通行止めとの声が聞こえてきた。
吾妻峡を過ぎ六合村へと近付くにつれ、山の木々の色も鮮やかさを増してくる。
白砂川沿いの道の駅付近は、今がまさに紅葉の旬を向かえていた。



陽が差していれば輝きを増し、もっと色鮮やかな姿を見せてくれたのだろうが、残念ながら今回は標高を増すにつれ天気は下り坂傾向。



山上湖へと向かう峠の中腹まで来ると、気温もグングン下がり山の葉も落ち、艶やかな風景が急に寂しくなり始めた。
そしてちらほらと白い物が車の窓越しに目に入り始めた。
覚悟はしていたが目に飛び込んで来た山上湖の姿を見て思わず苦笑いと同時に戦意喪失。
今季初の山上湖はこんな状況・・・・・。



管理棟へ向かう道には雪が積もり、ノーマルタイヤでは少し不安な感じ。
それでも数台の車が走った跡が有り、こんな状況でも仲間が居る事に少しやる気も出て私も管理棟まで行ってみる事にした。



そして無事に管理棟の駐車場まで辿り着いたが、そこにはガードレール撤去作業者と管理人の車だけ・・・・・。
釣りをしてる人など居なく、ただ体ごと持って行かれそうな程の風が吹き荒れているのみだった。



散々悩んだが結局は防寒ばっちりに着込み湖畔に立ってしまった・・・・・。
湖畔はザブンザブンと大きな波が海のように押し寄せる程の強風。
おまけに湖畔を歩けばフェルトに雪が付き、すぐに身長が10cm程高くなってしまう。
おかげで10m程歩くごとにフェルトに付いた雪を取りながら進むと言った作業が追加。
何とか3時間程は頑張り、チビでは有ったが今シーズンも山上湖の魚に数匹遭う事が出来た。
ばっちり着込んだお陰で寒さは耐えられたが、この広い湖畔に自分一人と言う現実に心が折れ今回は早々に撤収とした。
そう言えば過去にも1度此処で釣った事が有るが、今回も珍しくヤマメが釣れたのを報告して置く。
そんな訳で今回は魚の画像は無し!
変わりに紅葉の画像で御勘弁してくだされ^^;



今年は紅葉の色が綺麗に出て一段と鮮やかに感じた。
中でもこの風景は思わずしばらく見入ってしまった。



矢倉発電所では水を抜いていて、普段では見られない姿を見る事が出来た。



暮坂峠へと向かう橋上から見た景色も陽が差し美しかった。(これは上流側)


下流側も綺麗だったが少し逆行になってしまった。



最後には青空と紅葉のコラボを撮影し、今回はこれで終了!



最後に今回感じた事を一言。
今年よりブルーバック・レインボー復活の為C&Rとなった山上湖だが、それは大変良い試みだと私も思う。
しかし少し疑問が有る。
それは此処数年の湖水の増減の激しさだ。
多少の増減は仕方ないと思うが、ここ数年の増減、特に減らし方は異常に思える。
湖と川を遮断してしまう程の減らし方は、魚にとって良い訳がないと思うのだが?
ましてや孵化時期の状況は解らないが、遡上時期に遡上の道を絶ってしまっては、どんなにC&Rにしたところで、意味が無いとさえも思ってしまう。
やはり自然孵化した個体で無くては、この厳しい山上湖の条件下では生き抜く生命力は無いのではないだろうか?
私が思うに放流された魚達は、ほとんどの個体が冬を乗り越えられず死滅しているのでは無いだろうか?
その証拠に此処数年釣れる魚は、稚魚と雑巾マスばかりで、綺麗な魚体が極端に少な過ぎる。
あれだけ居る稚魚と雑巾マスなのだから、年を越していれば翌年にはヒレも再生し成長した良いマスがもっと釣れる筈ではないだろうか?
真剣にブルーバックの復活を願うなら、せめて孵化時期と遡上時期は湖水量を増やし湖と川を繋げてやらなければ駄目だと思う。
そして此処で生まれ育った天然のワイルド・ブルーバックが復活してこそ、成功と言えるのではないだろうか?
おしまい。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。