スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇水の流れ

JUGEMテーマ:フィッシング

8月24日(金)

今年も残すところ禁漁まで1ヶ月あまり。
スタートが遅かったぶん『あっ!』と言う間だった。
少しでも悔いを残さぬよう釣友Nと出掛けてきた。

本日も釣り日和

もうすぐ8月も終わりだと言うのに真夏の太陽がギラギラと照り付け、日差しが暑いと言うより痛い。
渓は更に渇水が進んだようで水温も朝から16℃。
魚達も岩陰へと身を潜めているのか、姿を確認するのにも一苦労する。

木漏れ日を浴びて

たまーにプールで魚影を確認しても、上を見ていないのかフライに全く反応しない始末。
ようやく反応が有ったと思っても口を使う事は無く、寸前で見切られてしまう。
そしてその後は再びフライには全く反応をしなくなってしまうと言った感じ。

プールは超シビア

そんな中ようやくNが本日の1号となる魚をキャッチ。
まずまずのサイズでガイド役の私も一安心だ。

良型をキャッチ

私もしばらくしてから魚の顔を見る事は出来たがチビちゃんばかり。
Nに『写真撮らなくて良いの?それが今回の最大となっちゃうかもよ』と冷やかされっぱなし・・・・・。

滝を巻いて

そんなNだったが、一向に数もサイズも延びない状況に『話が違うよ。尺連発じゃ無かったの?』と愚痴り出した。
Nの悪い癖に最初は冗談で交わしていた私も『2週間来るんが遅いんだよ!』と少しイライラ。
それでも気持ちの良いロケーションが私達の苛立った心を癒してくれているようだった。

気持ちの良いロケーション

すでにこの時点で私は尺は諦め単純に釣りを楽しむ事とした。
それにしてもあれだけ居た魚は本当に何処に行ってしまったのだろう?
渇水だけで此処まで別の渓となってしまうのだろうか?

尺上は何処へ?

気持ちを平常心に戻したのが効いたのか、ようやく私にも良型がヒット。
ここまで尺ポイントは全て譲って来た分、Nには申し訳無いが嬉しい1匹だった。

泣尺

結局この魚が最大のまま、いつもの最終ポイントに辿り着いてしまった。
時計を見ると14時とまだ余裕が有る為、前回に開拓した上流まで行ってみる事にした。
上流は流れも狭くなり両岸が熊笹に囲まれて、『森の住人』が出そうな雰囲気がムンムンだ。
前回の事が有るだけに先の見えない場所では熊鈴と笛を鳴らしまくって釣り上がる。

トリカブト

流れは細くなるが上流は嘘のように反応が良く、8寸前後の魚が良く釣れる。
Nも9寸越えを釣り上げ少しは機嫌も良くなったようだ。

熊笹に囲まれて

或るポイントで数匹の魚を釣り次のポイントへと移動しようとした時、流れ込みに良いエグレを見つけた。
そっとフライを入れるとゆっくりと良型が姿を現しフライを咥えてくれた。
尺は無いかな?と思いながらサイズを測ると尺ジャスト。
今回は諦めていただけに嬉しいと同時に『ほっ』とした瞬間だった。

尺ジャスト

17時まで釣り上がり今回は『森の住人』に遭遇する事もなく無事に車まで戻れた。
因みに前回の熊との遭遇ポイントで距離を再確認したところ、実際は10m程の距離でしか無かった事が判明。
改めて記憶が蘇えり身震いをしてしまった。
スポンサーサイト

お盆明けの渓

JUGEMテーマ:フィッシング

8月20日(月)

ようやく長いお盆休みも終わり、渓の様子を伺いに出掛けてきた。
今回は下流部も含め、まだ足を踏み入れていない上流部の開拓が目的。
ところが流れへ到着すると、新しい踏み後が多数・・・『やっぱりかぁ・・・』と 少々気落ちしながら準備を進める。
おまけに渓は魚の隠れ場所が無い程の大渇水・・・。

大渇水の流れ

落ち込みかけたテンションをむりやり上げて流れを釣り上がる。
しかしあれ程居た魚の姿は激減し、大物の気配も無し・・・・・。
渇水とお盆休み中のプレッシャーが原因で有れば良いのだが・・・抜かれてしまっていない事を願うばかりだ・・・。
木々の隙間から空を見上げると抜けるような青空が見え、そんな私の気持ちを慰めてくれる。

大木

やっと良いサイズが顔を見せたのは、昼を過ぎ未踏のエリアに足を踏み入れてからだった。
普通で考えればお盆明けに週末が重なり、ハイプレッシャーの中での良型なのだが私の心は今日の空みたいに晴れる事は無かった。

尺ジャスト

今回は雷雨の心配も無さそうなので、行ける所まで奥を詰めるつもりで渓を上がる。
更に水量も減りポイントもほとんど無い状況になった辺りで良いポイントが出現。
川底も岩盤が多くなりこれより上流は厳しそうなのでこのポイントを最後と決めた。

良い雰囲気

魚影は確認出来ないがサイドキャストで倒木の隙間を上手くクリアし、奥までフライを運ぶ事に成功。
着水と同時にフライが消え、この水量には似合わない良型がヒットした。
先程の魚と同寸の尺ジャストで今回の釣りを終了とした。

尺ジャスト

贅沢だが何か納得行かない結果に首を傾げながら渓を下る。
ぼんやりとしながら先の見えないカーブを曲がった時、私の目に飛び込んで来た光景を見て足を止める。
そこには過去に数回程度だが遭遇した黒い物体・・・その距離20m。
おまけに小さい黒い物体も2つ・・・。
そう!熊の親子に鉢合わせしてしまったのだ!
5秒程の睨み合いの末、親熊は熊笹の中へ潜り込んで行き、その後を追うように小熊2匹も着いて行った。
ホッとしたのも束の間、小熊がパニックになったのか2匹とも木に登ってしまい、心配した親熊が木の根元で激しく熊笹を揺らしながら『グフッ!グフッ!』と唸り声をあげている。
その様子を1歩も動けず見守る事しか出来ずに、ただ親熊が逆切れして向かって来ない事を願うしかなかった。
5分程で小熊も落ち着いたのか木から降り、親熊と山の中へ消えて行った。
だいぶ距離が離れたのを確認し、その場をダッシュで駆け抜けた。
あと5m近かったらどうなっていたのか?考えると恐ろしくなってしまう。
今回は釣果では納得行かない結果となったが、最後に貴重な体験をする事が出来、土産話が1つ出来た探釣となった^^;

お盆前に尺狙い!

JUGEMテーマ:フィッシング

8月8日(水)

お盆は例年だと仕事で釣りへは行けない私・・・。
でも今年は久し振りに休みとなったのだが、色々と野暮用でまたしても釣りへは行けない。
お盆明けは渓も荒れてしまい、中々良い釣りは出来ないのでお盆前に出掛けてきた。
同僚の山ちゃんに声を掛けると二つ返事で承諾。
山ちゃんは雷雨で前回早上がりとなった為、今回はリベンジ釣行だ。

渓に到着すると前回より水量が落ち渇水気味の流れとなっている。
ただでさえ魚に走られやすい渓だけに、今回は更なる高度なストーキングが要求されそうだ。

渇水気味の渓

釣り始めてすぐ山ちゃんがヒラキに出ていたイワナを仕留める事に成功。
サイズも9寸弱とまずまずで、何より幸先良い1匹に期待が膨らむ。
ところがスタートは良かったがミスの連続で後が続かない。
それでも魚に気付かれぬようフライを入れられればこの通り。

まずは9寸

『奥へ行けば行くほど大物の期待が出来る』そう信じて釣り上がる。
2人で交互に釣り上がるが中々納得サイズには恵まれない。

交互に釣り上がる

そうこうしている間に尺ポイントが近づいてきた。
ポイントを覗き込むとやっぱり今日も居る、デカイ!
ここは山ちゃんに譲り狙って貰う。
射程距離まで近づきフライを入れるが、だいぶ学んでいるようで素直には口を使わない。
数回のフライローテーションをして、フライをアントに交換した時だった。
数投目のプレゼンテーションでアントが魚の頭上を通った時、魚が浮上して少し疑いながらもフライを口にした。
と同時に山ちゃんもロッドを立てたが、一瞬のテンションが掛かったのち魚は流れへと消えて行った。
痛恨の合わせ切れ・・・・・。
まだまだチャンスは有ると励まし、次のポイントへと移動するが待望の尺は顔を見せない。
釣れてくる魚のサイズは徐々に上がってきているが、今回のターゲットサイズでは無い。

9寸オーバー

ついには尺を釣れないまま昼を迎えてしまった。
実はここまで尺を釣るチャンスは数度有った。
しかし今回は私も山ちゃんもミスの連続で、チャンスを台無しにしてしまっていたのだ。
ここは流れを変える意味でも、どちらかが尺を出さないとまずい雰囲気・・・・・。
そして次の尺ポイントに到着し、此処も山ちゃんに狙って貰う。
私は少し離れた位置から流れを覗き込みガイド役を買って出た。
すると山ちゃんの位置からは見えない石裏に尺を発見。
私の指示でポイントにフライを入れると、何の疑いも無く1発でフライに出た。
山ちゃんにはフライに出たのは見えてないので、私が大声で『食った!』と叫ぶ。
同時にロッドを立てるがまたしても痛恨の合わせ切れ・・・・・。

尺上を狙う

気分を取り直して上流を目指すが、流石に山ちゃんは凹み気味だ。
そんな時、流れの中層でユラユラ揺れる魚影を発見。
サイズまではハッキリ解らないが良型には間違いない。
ここは申し訳無いが私が狙わせて貰う。
しかし垂れ下がった枝と岩の間を通して狙わなくてはならない難しいポイント。
数度のミスキャストの末、タイトループで上手く隙間を擦り抜け上手くポイントに入った。
『出ろ!』と念じたのが通じたのか、魚は中層から浮上し綺麗にフライを口にした。
強い引きで抵抗したが今度はバッチリとランディングに成功。
予想以上の良型の尺上(32cm)で、私も山ちゃんも『ほっ』と一安心。

待望の尺上(32cm)

この魚を皮切りに流れが一気に変わった。
尺上を釣ったポイントから少々釣り上がったポイントで、今度は山ちゃんのロッドが大きく曲がっている。
今度はミスしないように慎重にやりとりをしているのが伺える。

Hit!

そして山ちゃんも待望の尺上をGet!
ブリブリに太った♂の32cmだった。
満足そうな笑顔を見ると私も嬉しくなってきた。

待望の32cm

私も山ちゃんも今がチャンスと言わんばかりにポイントを攻め釣り上がる。
しばらく釣り上がると小さいが怪しいポイントが現れた。
ここも山ちゃんに譲るがチビちゃんが立て続けに2匹釣れたのみ。
フライが見づらいから交換すると言うので選手交代。
『デカイの釣っちゃうよ~』と冗談交じりにポイントへ近づく。
後から『釣っても良いけど今俺が釣った(チビ)のより大きいのは駄目だよ~』と山ちゃん。
そんな野次を受けながら狙うこと数投目。
ドラグの掛かったフライを追うように黒く大きい影が現れた。
そして私の目の前で追うのをやめ、そこに定位し泳ぎだした。
すかさずフライを魚の50cm程上流から流すと、何の疑いも無くフライを吸い込んだ。
猛烈な引きでロッドが絞り込まれるが必死に耐える。
そしてネットに収まったのは今回最大となる厳つい顔が魅力的な♂の35cmだった。

ナイスFightをした35cm

この後も快進撃は続いた。
画像は無いが山ちゃんもこの後30.5cmを追加。
そして最終ポイントでは2人して尺上を釣る事が出来た。
私が釣ったのは♀の33cmで、山ちゃんが釣ったのは♂の33cmとサイズも同寸だった。
何か上手く行き過ぎの話に『何だ~?この川?スゲーッ!!』と2人で笑ってしまった。

W尺(上・山ちゃん、下・私)

今回は2人合わせて尺上6匹!
釣れた数で言えば2人で60匹は釣ったと思う。
それもキャッチを出来なかった尺上を含めれば10匹以上だった。
今回は山ちゃんにも満足して貰い大成功の釣行となった。
帰りの車中では、『東北とかも魅力的で良いけど、そんな遠くに行かなくてもまだまだ近場で良い所が有るもんだね~!いや~良い釣りをさせて貰った!』と興奮はまだ続いていた。
次回はお盆明けの釣行となるが、心無い釣り人にお持ち帰りをされない事を願うばかりだ。
お盆明けにはその辺の調査を含め再び訪れたいと思う。

夏空の下で

JUGEMテーマ:フィッシング

8月3日(金)

前回は不本意ながら雷雨で撤退を余儀なくされ、悶々とした気持ちでいた。
そんなモヤモヤを吹き飛ばすには、やはり渓へ行くしかない。
そんな訳で単独で不安も有るが前回の渓へリベンジマッチへ出掛けてきた。
朝から真夏の太陽が照り付けているが、渓へ潜り込めば心地良い天然のクーラーで肌寒いほど。
水量も平水に戻り、渓はベストコンディション。
準備を済ませ竿を出すと早々にアベレージサイズが挨拶に来てくれた。

 Average

何時また雷雨が来るか解らないのと、今日は娘の誕生日で『こんな日に釣りに行かなくっても良いのに』と嫌味を言われながらの釣行の為、早上がりをしなくてはならないのでテンポ良く釣り上がる。
時間の経過と共に魚の活性も上がってきてサイズUP!

泣尺

手短に撮影を済ませ上流を目指す。
昼を過ぎると気温も上がり湿った生温い風が全身にまとわりつく。
それでも足元はタイツ&ゲーダーなので、渓に浸かっていれば快適に釣り上がれる。
活性は更に上がり8寸~9寸が面白いように釣れてくる。
そしてそろそろ尺が欲しいと思っていた矢先に良型がHIT!
記念すべき本日尺1号となった。

尺 Just

更に釣り上がると或るポイントを泳ぎ回る魚を発見。
回遊コース読みフライを入れるが寸前で見切られる。
フライをELKカディス→アントパラシュートに交換し狙うもこれも反応するが口は使ってくれない。
それならとブナ虫パラシュートに交換するがこれは反応さえしてくれない。
そして再び1番反応の良かったELKカディス交換し魚の回遊コースへフライを入れると、今度はゆっくりと浮上し疑う事無く『パク』
物凄いパワーで暴れまくったが私の勝利で幕は閉じた。
キョトンとした顔が可愛らしい、極太な雌の尺上イワナだった。

33cm

気分を良くし足軽に上流を目指す。
相変わらず反応は良く中々前へ進めないので、良さそうなポイントだけ狙い釣り上がる。
途中サイズはたいした事ないが、とっても綺麗な金色のイワナが顔をみせた。
それは真夏の太陽を浴びてキラキラと輝いているようだった。

Golden Trout

この魚を釣った真上のポイントで最高なポイントが待っていた。
大物がいるなら此処しか無いと言うポイントに的を絞り狙う。
しかしフライは何事も無く漂うばかり・・・。
でも絶対に居る!と信じ何度もフライを入れる。
そして10投程した時、魚の口先だけが見えフライが消えた。
此処で出るのは絶対大物の筈、一呼吸置いてロッドを立てるとロッドはバッドから絞り込まれた。
壮絶な戦いの末、ネットに収まった魚はこれまた極太な尺上イワナだった。
サイズを測ると今日1番の34cmだった。

34cm

嬉しさで顔が自然に緩んでしまうのを押さえ更に上流を目指そうとするが、すぐ上にも良いポイントが有る。
フライを入れると一発で尺は有りそうな魚が出たたがバレてしまった。
もう居ないだろうなと思いながらも再びフライを入れると、また1発で出て尺とまでは行かないが泣尺が顔を見せた。

泣尺

今日は時間が限られているので景色を楽しむ余裕も無く此処まで来てしまった。
魚も9寸前後は数多く釣れたが画像にも収めていない。
手抜きでは有るが景色と魚の同時撮影をしてどんどん釣り上がる。
因みにこの魚も9寸越え。

風景

余りにも魚の反応が良い為、このままのペースだと最終ポイントまで予定の時間よりオーバーしてしまう。
更にペースを上げるが、途中またクルージングする良いサイズを発見してしまった。
ライズこそはしていないが、回遊コースにタイミングよくフライを入れれば確実に口を使うパタンだ。
じっくりと回遊コースを確認し慎重にフライを入れる。
しかしまたもや寸前で見切られ口を使うまでは行かない。
どうやらこの魚を仕留めるには少々時間を掛けなくてはならないようだ。
今日はこの魚を最後と決め勝負に挑む。
少しポイントを休め再び狙うがやはりフライを見に来て寸前で見切られてしまう。
どうやら流れが複雑で微妙にドラグが掛かっているようだ。
フライをELKカディス→アントパラシュート→ブナ虫パラシュートと変更するが結果は同じ。
フライを小さくしてティペットも細くすれば口を使いそうだが、意地になっている私は5Xと大きめのフライに拘った。
やっぱり夏イワナはこのシステムで釣らなきゃ意味が無い。
それが尺上ともなれば尚更だ。
再びELKカディスに交換しティペットに思いっきりスラックを入れフライ先行でドリフトさせる。
そろそろスラックが終わりドラグが掛かる寸前で、ドンピシャで魚の鼻面にフライが差し掛かった。
すると魚にも動きが有り浮上を始めた。
此処までは何度も繰り返された光景だが、しかし今回は違った。
口先を水面から出し綺麗なフォームで静かにフライを吸い込んだ!
何が起きたのか解らずパニック状態で暴れまくるイワナ。
その驚異的なパワーに圧倒されながらやりとりをする私。
何度もの突進を防ぎ無事にネットに収まったのは、正にPerfectと言う言葉が相応しい魚体の雄イワナ(33cm)だった。

Perfect Body

サイズこそは今日1番では無かったが、かっこ良さでは間違いなく今日1番の魚だった。
この魚に30分以上時間を費やしてしまい、予定の納竿時間をオーバーしてしまった。
まだまだ釣り上がりたかったが今回は3:30にて終了。
急いでパックロッドを背中に仕舞い込み足早に渓を後にした。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。