スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さーて、何処行こうかな?

JUGEMテーマ:フィッシング

6月20日(月)

今回は予定していなかっか釣行。
しかしながら朝起きると天気が良く、釣欲をそそられる。
遅い出発では有るが、息子を駅へ送りながら家を出た。
予定に無かった釣行だけに何処の渓へ行くか決めていない。
とりあえず車を県北方面へ走らせ、目ぼしい流れを何本か見て回る。
渓相・水量・水色が自分の好みに合った渓へ降りたのは10時過ぎ。

好みの合った流れ

渓へ降りのんびりと竿を出すと可愛いチビちゃんがじゃれついてくる。
2時間ほどこの状況が続き場所を移動するか悩み始めた頃からサイズUP。
鰭の尖った綺麗な魚体にしばし見とれる。

ようやくサイズUP

プールではまずまずのサイズがクルージングしている。
進行方向を読みフライを置くと素直に吸い込んでくれる。
縄張り争いでもしたのか?頬と腹に傷を負った個体だった。

頬に傷を持つ28cm

川原の石に腰掛けて昼飯を食べながら横を見ると、可愛らしいキノコ?が顔を出している。
渓で良く見かけるが今までこんなにじっくりと観察した事はない。
見れば見るほど不思議な形で可愛らしい。
むかし観た『ムーミン』に出てきたキャラクターに見えるのは私だけ?

なんて名前?

昼飯を食べ終わり再びのんびりと釣り上がる。
飽きない程度に魚達が遊んでくれる。
或るポイントを責め終わり、ふと下流を見ると浅く緩い流れに1つの影が・・・・・。
最初は石か何かと思ったが、ゆっくりと浮上して『パク』
そのままの位置からダウンで流し込むと素直に反応して『パク』
見た感じでは尺は無いように感じたが結構な引き。
ネットに収まった魚の顔を見て思わず『デカッ』

スレンダー34cm

デカイ顔とは裏腹にボディーは細く何とも不恰好なイワナ。
でもこの顔付きと尾鰭の大きさは、まだまだ大きくなりそうな期待出来る個体。
画像に収めた後そっと流れに戻してやると元気に泳いで行った。
『もっと餌食べて太って大きくなれよ~。そんでまた俺と遊んでくれ^^』

気分の良いまま更に1時間ほど釣り上がり、今回の釣行を終了とした。
予定に無かった釣行で、自分好みの流れを見つけ良い魚に出会う事が出来た今回の釣行。
良い1日を過ごす事が出来た。
スポンサーサイト

開拓? パートⅡ

JUGEMテーマ:フィッシング

6月14日(火)

今年は『まだ行った事の無い渓』をテーマに、日々地図を眺めている。
出来れば県内の渓で片道2時間以内が望ましいが、中々その条件に添う渓が見つからない。
今回も散々悩んだ末に、1本の渓を選択してみた。
距離的には2時間有れば到着出来そうだが、実際行ってみないと解らないので、夜勤明けで寝ずに出発する事にした。
予想に反して道は良く整備されており、早朝のせいもあり6時前に到着してしまった。
少し気温が低いのが気になるが、支度を済ませ渓に沿って有る林道を30分程歩いてから渓に降りた。

大外れ

渓相は文句の付けようが無いほど良く、水温も12℃とベスト!
期待に胸を膨らませ釣り上がり開始。
ところが・・・・・2時間程釣り上がっても反応はおろか魚影も確認出来ない。
まぁ初めての渓だから失敗も仕方ないと、早々に切り上げる事にした。
程近い場所に別の渓が有るのは事前に確認していたのと、幸いまだ時間が早いので仕切り直しは出来そうだ。
10時前には2本目の渓へ到着し、渓を眺めるとこちらも渓相は良い。
そして入渓して早々、走る魚を確認出来た。



朝方は曇っていて肌寒かったが、この頃になると日差しも出て渓が輝いている。
やはり初めての渓は何か心が弾む。
ヤマメとイワナの混生で標高が低いせいか釣れて来るのは7:3でヤマメの方が多い。
サイズは大きくないが、ワクワクして楽しんでいる自分が良く解る。



流れは比較的に平坦だが、源流を思わせるようなポイントも多い。
良いタイミングでポイントが変わるので、飽きずに釣り上がる事が出来る。
平坦な流れからはヤマメ、大岩の巻きではイワナと上手に住み分けが出来ているようだ。

2本目の渓

時間と共にライズも確認出来、活性も上がってきているようだ。
或る渕で数匹のヤマメを釣り次のポイントへ移動しようと大岩を登ったら、大岩の裏にデカイ奴が浮いているのを発見。
お尻を向けていてくれた為、まだ私の存在には気付いていないようだ。
観察すると時折ライズをしている。
これは頂き!とフライを入れると1発で反応し吸い込んだ!
ところがこれがスッポ抜け!!!
針に触った感触は無かったので、まだチャンスは有るかも知れないと居座り決定!
そして10分程経った時、奴はまた現れた!
更に10分程間を置き、警戒心が解けたのを見計らって再度フライを入れる。
先程の光景を再生するかのように、また1発目でフライを吸い込んだ!
今度は確実な手応えと言うより、猛烈なパワーで竿が左右に持って行かれる。
なんとか潜られないように踏ん張ると、奴もおとなしくなってきた。
ここで重大な事に気付く。
岩の上から狙っていた為、魚を取り込む事が出来ないじゃないの!
このまま水に飛び込もうか悩んだが、一か八か魚を引き抜く事に決定!
実は大物に備え5Xリーダーにフライを直結していたのだ。
かなりの重さだが5Xなら何とか行けるはずだ。
タイミングを見計らっいロッドの弾力を利用して一気に水面から引き抜いた!
バッチリ成功!!!

極太35cm

丸々と太った筋肉隆々な今季初の尺上イワナ!
もう今回はこれで満足過ぎるほど満足。
時計を見たらまだ13時30分でこれから更に活性は上がりそうだけど、今回はこれで終了。
1番気持ちの良い時に終わりにした方が、良い夢見られるからね!
てな訳でその日のうちに珍しくレポUP出来ちゃった^^

開拓?

JUGEMテーマ:フィッシング
 6月3日(金)

梅雨入りに追い討ちを掛けるように台風2号がやってきた。
この台風の影響がどれだけ残っているか不安を抱えながら自宅を出る。
目的の渓へ向かう道中、どの流れも濁りは無いものの増水していて厳しい状況が伺える。
この分だと目的の渓も無駄に体力を消耗するだけで、1日が終わってしまう可能性が濃厚だ。
急遽予定を変更し車を右に旋回させ、峠を1つ越えてみる事にした。
私の住む群馬県内では有るが、足を踏み入れるのは今回が初めての土地だ。
峠を越えてナビの画面を確認すると、目ぼしい流れは2本有る。
そのうちの1本は良い流れでは有るが、増水と道路に隣接していて場荒れが予想される為パスし、もう1本の流れへと向かってみる。
こちらの流れは道路に隣接こそしていないが、やはりかなりの増水でフライでは厳しい感じだ。
ナビをスクロールさせると上流で2本に分流していて、どうやら林道が川に沿って有るようだ。
舗装された林道を上流に向かうとナビ通り流れが二手に分流している。
右の流れは白っぽい川底で水量が減ったとは言え川幅が狭くなった分、流れの勢いは更に増している感じだ。
左の流れは川底が栄養満点の茶褐色で流れも丁度良い感じの為迷わずこちらを選択。
しばらく荒れた林道を登ると遮断機が有り、運悪くレンタカーが1台停まっている。
車内を覗くと後部座席には釣り道具、助手席には若い女性が大口を開けて寝ている。
どうやら彼氏が釣りをしている間お留守番しているようだ。
渋々林道を戻り、もう1本の流れの上流に向かう。
こちらも遮断機が有ったが先行者は無く、やっと本日の渓が決まった時点で11:00を過ぎていた。

遮断機を越えるとすぐに大滝が有り、それなりに有名な滝らしく木の看板が掲げて有る。
林道から滝を覗くと素晴らしいポイントとなっているが、魚影が薄いのか魚の姿は確認出来ない。

有名?大滝

しばらく林道を歩き本流へと入渓するが、増水と腕の悪さで全く釣りにならない。
岩盤が多く良いポイントも有るが水深が深いせいか、魚の反応はおろか魚影さえ全く見つける事が出来ないまま時間だけが過ぎて行く。

本流

画像では水量が適度に見えるかも知れないが、このポイントも水深が有り複雑に流れが混じり合ってナチュラルにフライを流すのは非常に困難で有った。
せめて魚影が確認出来れば辛抱も続くのだが、釣れる気が全然なくなってきた。
ついに音を上げて再び林道に出てもう少し水量が減る上流を目指すが、一向に水量が減る気配が無い。
どれだけ林道を歩いただろうか右側から支流が流れ込んでるポイントに辿り着いた。
水量は逆に少な過ぎるくらいで落差の激しい流れだ。
しかしながらイワナで有ればこの位の水量でも充分に生息しているので、少し探ってみる事にした。

落差の激しい支流

支流に足を踏み入れると小さいポイントで走る魚影が確認出来、俄然こちらもやる気を取り戻した。
小さいポイントばかりだが、どのポイントにも魚が着いていて20~23cm程のイワナが立て続けにフライにアタックしてくる。
ところがそれも束の間で、たいして釣り上がらないうちの突然反応が無くなってしまった。
このような流れだと良くあることで、これ以上釣り上がっても無駄だと思い1時間ほどで再び林道に戻る事となった。
この支流から再び本流に入り釣り上がるが、本流の釣りは相変わらずであった。
200mほど本流を釣り上がると今度は左側に支流で出来た滝が現れた。
規模的に先程の支流と同規模で有ったが、再び支流へと足を踏み入れてみる事にした。
こちらの支流は先程の支流より魚影も濃くサイズも良いようで、小さな落ち込みで姿を現したのは小規模な流れに相応しくないサイズのイワナで有った。
同サイズを数匹釣りこの支流を後にした。

泣尺

今回は『開拓』と言う程の釣りでは無いが、久し振りに地図を頼りに結果を出せた釣りで満足の1日だった。
本流も水量が落ちれば良い釣りが出来そうな良い流れで、何より更に上流の流れが気になって仕方が無い渓で有った。
次回チャンスが有れば上流を更に『開拓』したいと思う。





プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。