スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別天地

JUGEMテーマ:フィッシング

4月30日(金)

今回はGW中と言う事も有り、竿は置いてのんびりと『タラッペ』を採りながら山を歩こうと計画していました。
そして前日、同じ事を考えていたようで同僚のSさんからまったく同じ内容で誘いが有りました。
もちろん二つ返事で了解をして待ち合わせの約束をしました。

地元では時期的に山菜は終盤なので、どうせなら明日に解禁を控えた『野反湖』の年券を購入しながら山菜採りをしようと言うことで六合村方面と向かう事にしました。

ところが・・・今年は寒暖の変化が激しい上に、季節外れの大雪が重なったせいか目的の『タラッペ』はまだ芽が出たばかりで収穫にはまだまだ早すぎます。

あっさりと目的を失ってしまった私達は、折角だから野反湖を見て帰ろうと野反湖へと向かう事にしました。
野反湖が近くなるにつれ残雪の量がどんどん増して行き、そして私達の目に飛び込んできた野反湖を見て衝撃を受けました。

解禁前日

ほぼ前面凍結状態です・・・。
残雪も多いところでは3mは有るのではないでしょうか?
この野反湖に通い始めて18年目のSさんも『ここまで雪が多いのは今まで無いかも知れない』と驚いていた程です。
明日(今日)の解禁・・・釣りになるのでしょうか?

白根山をバックに

野反湖を後にし『六合村役場』で無事に年券を購入し帰途に着きました。
Sさんと別れたのはまだ14:00前と早く、ふと『タラッペ』を期待して待っている家族の事が頭に浮かびます。
このまま手ぶらで帰るわけには行きません。
確立は低いのは承知で、その足で地元の山へと向かいました。
しかしながらやはりすでに遅く、目に付き易い場所は綺麗に無くなっています。
しかもその採り方に私は怒りを覚えずにはいられませんでした。

無法者

枝ごとノコギリで切り落とされ、中には根元から切られているものも有りました。
人間の欲とは恐ろしいと感じずにはいられませんでした。
自然の恩恵を拝借させて貰っているのに、まったく感謝の気持ちなど無いのですね。
まったく自分の事しか考えていない『大馬鹿野郎』です。

そんな無法者への怒りを抑えつつ、少し奥へ足を踏み入れると密かに芽を伸ばした宝を見つける事が出来ました。
2番芽、3番芽に傷を付けないように慎重に1番芽だけを拝借します。
なんとか家族分だけを収穫出来たところで山を下りました。

今晩のつまみ

釣りと同じ位、この時期の私の楽しみ。
でも渓流と同じく、年々荒れて収穫のポイントが減っているのが現状です。
山の遊び、川の遊び、どちらも遊ぶ側の気持ち一つで良くもなるし、悪くもなるのですね。
悪くするのは簡単だけど、良くしようと思った時に手遅れにならなければ良いのですが・・・。

この日の晩酌には勿論『タラッペの天ぷら』で美味しいビールを飲みました。
改めて自然に感謝感謝の一日です。
スポンサーサイト
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。