スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気温低下

JUGEMテーマ:フィッシング

4月28日(火)

今回は休みを取り千曲川水系へと行ってまいりました。
まずは久し振りに南相木川へと行ってみました。
今日からGWの大型連休に突入した方も多い筈ですが、比較的に釣り人は少なめです。
いつも入るポイントが空いていたので今回もここからスタートです。
しかし到着した9時で気温が2℃と寒いのなんの・・・。
もうすぐ5月だと言うのにフリースを着込んでも寒い程です。
水温もこの時期にしては低く6℃しか有りません。
案の定、魚の反応も鈍く昼まで釣り上がって小型のアマゴが数匹釣れたのみ・・・。
早々にポイントを移動し、初めての川である栗生川へと入渓してみました。

栗生川

渓相は本格的な渓流も有れば、里川のようなポイントも有り中々楽しめそうです。
釣り始めてすぐに反応は有るのですが、やはりサイズは可愛いサイズがメインです。
2時間程釣り上がりましたが、数はまずまず出ましたがサイズに不満が残ります。

アベレージ

帰りのことも考え思い切って抜井川まで移動しました。
南相木川でもそうでしたが、こちらは今が桜の見頃のようです。

抜井川

前回よりも水量が多くフライをナチュラルに流すのに苦労します。
流れの弛みをフライが上手く流せた瞬間、まずまずのアマゴが顔を見せてくれました。

まずまず

時間帯が良かったのか魚の反応は結構有ります。
そして前回に良い型が釣れたポイントが見え始めました。

今回最大

少し手前の良さそうなポイントにフライを流すと、綺麗な出方で今回最大となるヤマメを手にする事ができました。
今回最大と言っても大したサイズでは有りませんが、自然と笑みがこぼれます。

今回最大

今回は1日を通して低気温に悩まされましたが、結果的にそこそこ遊ぶ事ができました。
次回はシャツ1枚でも良いようなポカポカ陽気に恵まれたいですね。


 
スポンサーサイト

後が続かず

JUGEMテーマ:フィッシング

4月20日(月)

今回も同僚のうーさんと地元の渓へ行ってまいりました。
生憎天気は曇りで肌寒い陽気です。
車を停車するポイントに到着すると、1台先行者らしき車が停まっています。
それでも構わず準備を済ませ渓へと下り立ちました。
まず先程の車の持ち主が先行しているか確認を兼ねて探りを入れてみます。
すると素直な可愛いイワナが立て続けに2匹釣れてきました。
どうやら先行者は居ないようで、自然と今回の爆釣を予想してにやけてしまいました。

幸先良く

スタートこそ良かったものの大場所ではまるっきり反応が有りません。
開きに出ている魚も少なく思いのほか苦戦です。

フラットな流れ

良さそうなポイントは無数に有りますが、今回は美味しそうなポイントでは釣果を得る事が出来ませんでした。
滝下の美味しそうなポイントも無言のままです・・・。

滝下の淵

それでも小さいポイントを狙って行けば、ポツポツですが反応を得る事が出来ます。
サイズは可愛いですが天然イワナの引きは格別です。

天然イワナ

午後になり気温も逆に下がってきたようで震えが止まりません。
もう1枚余分に持ってくれば良かったと後悔です。
魚の活性も時間が経つにつれ下降気味で、私達のテンションも下がって行きます。

小スポット狙い

土曜に釣友が同じ渓に行って29cmを筆頭に爆釣だったそうです。
今回の釣行の出先でそんな連絡を貰っただけに、かなり期待はしてたんですけどね・・・。
でも釣れる時も有れば釣れない時も有る!
だから飽きる事無く面白いんじゃないか!
な~んて自分を慰めてみたりした今回の釣行でしたとさ!

ブログランキング 釣り

ちょい釣り~其の2~

JUGEMテーマ:フィッシング

4月15日(水)

今日は『人間ドッグ』で日頃から不規則な生活を送っている体のチェックに行ってきました。
だいぶ体にもガタが出始める年齢となってきたので結果が心配です。
予定では午前中一杯は掛かると思っていたのですが、11時前には終了してしまいました。
さて予定外に出来た時間をどう過ごすか考えますが、当然真っ先に考えたのが『今からならあの川で昼頃から竿を出せる』でした。
幸い前日の釣行のまま車内には釣り道具一式が積んだままです。
そんな訳で急遽地元の渓へ、ちょい釣りに行くこととなりました。

渓には予定通りの12時に到着し、先行者も居ないのでゆっくりコンビにのおむすびで昼飯を済ませます。
夕方からの用事が有りますが、それでも4時間程は渓魚と遊ぶ時間が有ります。
前日の雨で本流には濁りが入っていましたが、ここまで上流にくれば濁りの心配は有りません。

地元の流れ

今日もパイロットフライはELKカディスです。
私の場合暖かくなりだした時期からは、イワナ狙いならこのフライ位しか使いません。
馬鹿の一つ憶えみたいですが、とにかくこのフライが使い易くて仕方がないのです。
こんな単純な釣りばかりしているから、私の釣りは向上しないのでしょうけどね^^;

水中

陽射しが余り差し込まない渓なので、天気は良いのですがまだ肌寒いです。
下界は20℃の陽気でしたが、車を降りる時の気温は11℃だった程です。
それでも刻々と水の中でも季節は進んでいるようで、元気なイワナ達がフライに飛び付いてきます。

元気なイワナ

いつしか夢中になり時の経つのも忘れイワナ達と戯れました。
ふと時計を見るともう引き返す時間です。
まだ最盛期には早い感じが有りましたが、充分私の暇つぶしになってくれました。
車までの高低差115mの急な山道も、心地の良い疲労感となった1日でした。

ブログランキング 釣り

冷たい雨の抜井川

JUGEMテーマ:フィッシング
 
4月14日(火)

今回は同僚うーさんの案内で千曲水系の抜井川に足を運んできました。
ここ抜井川は過去に一度だけ下流部を釣った事は有りましたが、ほとんど竿を出した事が無いので前日から期待をしていました。
しかしながら前日まで初夏を思わせるような陽気も一変し、10時過ぎからは冷たい雨が降り出す予報に少し不安がよぎります。
まぁそんな事は実際に竿を出してみないと解らないので、まずは古谷ダム上の流れから探って見る事にしました。

ダム上の流れ

水温は7℃と微妙で前日との水温差が気になりますが、やる気の有るイワナならドライでも反応してくれる事でしょう。
そんなやる気の有る奴をターゲットに、こちらも強気のELKカディスでスタートです。
そして釣り始めて50mも釣り上がらないうちに呆気なく今回の1匹めが釣れてしまいました。
サイズもまずまずで良いスタートを切る事ができました。

まずは1匹

続いてはうーさんに釣って貰おうと先行を任せます。
イワナの好みそうなポイントを丹念に狙い、程なくしてうーさんも無事イワナの顔を拝む事が出来ました。

反応ある?

ところが予報通りに10時過ぎから冷たい雨が降り出し、同時に魚の反応もパタリと無くなってしまいました。
魚もスレ具合が高いらしく、魚を見つけてキャストしてもラインの着水と同時に走ってしまう始末です。
また水の透明度が高いのもその要因の一つでしょう。

澄んだ流れ

それでも何とか数匹追加し後半はダム下の流れに移動です。
ダム下は葦で両岸が塞がれ釣り難そうな上、川の臭いが鼻を衝きます。
水温は上流に比べると2℃程高いですが、水色が悪く川底が非常に滑り危険です。

ダム下の流れ

それでも竿を出してみると、面白いようにイワナ・ヤマメ・アマゴが次々に釣れて来ます。
サイズは満足行く程では有りませんでしたが、たまに幅広の魚体が顔を出すので気が抜けません。
釣れて来る魚種はアマゴが大半で、雨が『雨子』に精気を吹き込んでくれたようです。

美人アマゴ

最終的には前半が嘘のように20匹以上の釣果に恵まれ、御機嫌のまま帰途に着く事が出来ました。
今まで千曲川と言えば川上地区ばかりに行っていた私でしたが、まだまだ遊べる川が他にも有ったんだと目から鱗の一日でした。

ブログランキング 釣り

良い天気なのになぁ

JUGEMテーマ:フィッシング
 
今日は釣友N樹の誘いで千曲川水系の大石川へと行ってきました。
連日のポカポカ陽気に続き、本日もシャツ1枚でも平気な程の釣り日和でした。
それでも水はまだ冷たくスタート時の水温は6℃と微妙・・・。
でもすぐに水温も上がり活性も上がるだろうと構わず釣り上がります。

水中は?

予想通りに水温も上がりハッチも多数確認出来ますが、肝心の魚の反応がまったく有りません。
目ぼしいポイントを二人で攻めますが、『お魚ちゃん居ないの?』と思うほど何も起こりません。
時間だけが虚しく過ぎて行きます。
それでも天気が良いので気持ちには余裕が有ります。
そして最初の1匹が釣れたのは13:00を回ってからでした。
サイズは・・・ですが何とか『ボ』は回避出来たようです^^;

ちっちゃ!

次はN樹の番ですが、これが中々思うようには行きません。
そして再び釣れない時間がダラダラと続きます。
そんな中、今回の大物賞の瞬間を画像に納める事に成功したのです。
もうこれ以上の大物は無いと言って過言ではないでしょう。

地球は大きいね

いい竿のしなり具合ですね~(笑)
勿論この大物(地球)は仕留める事は出来ませんでした(爆)

気を取り直して後半は少し下流へ移動です。
上流もそうでしたがポイントも多く雰囲気は抜群なんですけどね~。
水温も9℃まで上がり好条件の筈なのですが、腕が悪いのか?魚影が少ないのか?まったくと言った感じです。

ドピーカン

こうなったら最後の頼みの綱である堰堤に足を運びました。
バックも取れなくキャストも難しいポイントですが魚影は濃い筈です。
生憎ライズは皆無でしたが、もうここに賭けるしか有りません。
祈るような思いでバックの枝にフライを取られながらもキャストを繰り返します。
そして何とか二人共まずまずの魚をキャッチする事が出来ました。

全員集合!

安心したせいか疲れが一気に出てしまい、イブニングが気になりましたが15:30にて今回の釣行を終了としました。
大石川の上流は今回始めて竿を出しましたが、渓相は私好み御機嫌な流れです。
釣果は寂しく終わりましたが、また再チャレンジをしてみたいと思わせてくれた程です。
きっとシーズン中にもう1度訪れることでしょう。

ブログランキング 釣り

ちょい釣り~其の1~

JUGEMテーマ:フィッシング
 
4月6日(月)

子供の休み中は子守りの為、中々足を伸ばし1日ゆっくりと釣りをする事が出来ません。
しかしストレスも爆発寸前となってきたので、仕事前に地元の流れで体の膿を少し出してきました。
出かけたのは自宅から10分程の流れです。
数年前までは魅力的な流れで、色艶やかな美形ヤマメが数多く釣れた流れです。
しかしながら上流にダムを抱えるが故に、ここ数年は水量が少なく『水が腐っている』といった表現が相応しい程変貌を遂げてしまいました。
数年ぶりに訪れた今回も水量は平水の2/3程でしたが、川底の石の苔も無く少しは良い水色をしていました。

地元の流れ

最近は仲間内でもこの流れの噂さえも聞かなくなっていたので、期待はせずにロッドにラインを通します。
そんな気持ちに追い討ちをかけるように、オオクママダラ?のスピナーのスーパーハッチです。
このカゲロウがスーパーハッチしている時に良い釣りをした記憶が有りません・・・・・。
それでも流れに立つと不思議なもので気持ちが癒されて行くのが解ります。

イヤ〜ンH

流れは良い感じなのですが案の定反応はまったく有りません。
しばらく釣り上がったところでライズを見つける事が出来ましたが、ドラグが掛かった瞬間に魚が出てしまいフッキングには至りませんでした。
このポイントの辺りから走る魚影を確認出来るようになり始め、自然とやる気も出てきました。
そしてようやく型は小さいですが待望の1匹に出逢う事が出来ました。
型は・・・ですが、とても綺麗なヤマメで艶やかさは今だ健在のようです。

艶やかヤマメ

この後もポツポツと反応が有り数匹の艶やかヤマメと遊ぶ事が出来ました。
もう少し水量が増えればまだまだ遊べる流れだと思います。
仕事前の3時間弱の釣行でしたが、充分ストレス発散になった釣行でした。

ブログランキング 釣り
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。