スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬 Fishing Live

JUGEMテーマ:フィッシング

11月21日(金)
自然フィールドも終了し、管釣りのシーズンとなりましたね。
釣りを出来ないと落ち着かない日々が続きストレスが溜まりがちです。
そんなストレスを発散する為、『尾瀬 Fishing Live』にお邪魔してまいりました。

過去に通っていた時期が有り、その時は水質も良くコンディション抜群の魚達が遊んでくれました。
昨年は一度も訪れませんでしたが、果たしてその状況が健在か気になるところです。
ポンドは1つしか有りませんが、30人位は収容出来るでしょうか?そこそこ広さは有ります。
今回は平日と言う事も有り10人位しか釣り人は居なく、フライは私を含め2人だけでした。
国道側より片品川側の方がバックを取り易いので、私はそちら側で遊ばせて頂きました。

O.F.L

さっそく定番のマラブー系で釣り始めると、面白いようにレインボーが釣れてきます。
サイズも35~40㎝がアベレージで引きは強烈です。
たまに50cmオーバーも混ざるので気を抜けません。

50cmオーバー

4Xのティペットを使っていても、豆にチェックをしないとフライを持って行かれてしまいます。
この幅広でこの尾鰭の持ち主ですからそれもその筈ですね。

ヒレピン

ピンボケですが、野反湖で釣れなかった尺上ブルーバックなんかも釣れたりして(汗)

ブルーバック

今日は遠方からのお客さんも居ました。

遠方からの珍客!?

前よりもコンディションの良い魚は少なくなり、水質も若干悪くなり藻が気になりましたが、アベレージ・サイズが上がったように感じます。
15時頃から入れ食い状態になり、ワンキャスト・ワンフィッシュ状態でした。
最終的に50cmオーバーが5・6匹程釣れ、トータルは50匹を超えたでしょうか?
ストレスの解消の代償に腕が嬉しい悲鳴を上げパンパンとなりました。
雪が積もる前に、もう一度訪れたいと思います。
スポンサーサイト

衝動買いの品々

JUGEMテーマ:フィッシング

今シーズンに衝動買いしてしまった品々です。
買ったのは良いのですが、まだ1度も使用していません(汗)

まずは6月の初旬に購入した『TS design』のウェーディング・シューズです。

TS design

使用中のシューズもだいぶ疲れてきていたのと5割引と言う響きに誘惑され、一度諦めたのにも関わらず後日に再び来店し購入してしまった品です。
しかし古いシューズを修理したら今シーズン使用出来てしまい、結局使わずにケースに入ったままです。
これでは5割引で買った意味が有りませんね。

次はリールで『HARDY Marksman #3/4』です。

HARDY Marksman #3/4
HARDY Marksman #3/4

これは雑誌で拝見してHARDYには珍しく斬新なデザインに一目惚れしてしまい、近場のショップを回ったのですが入手困難で、最終的にネットで見つけて購入しました。
購入した時は何処よりも安値のショップを見つけ『良い買い物をした』と自己満足して居りましたが、後日近場のショップに立ち寄った際に私の購入金額より安値で商品ケースに並んでいました(涙)

そして最後は先日購入した『Sight Master TAIL OUT Ti(イーズグリーン)』です。
これもシーズンが終了となってしまった為、まだ未使用でケースに入ったままです。

SightMaster TAIL OUT Ti

現在は『Sight Master STRATOS(セレン)』を使用中ですが、私が良く行く渓は木々が頭上を覆っていて昼間でも薄暗く、セレンだと暗くなり過ぎ邪魔に感じる事が有りました。
またイブニングでも暗く感じ、サングラスを外すとまだ全然明るいと言う事が度々有ります。

Sight Master STRATOS

イーズグリーンならそんな釣りにも最適だと前々から思っていたんですが、なにしろ安い買い物では無いので躊躇していました。
そんな時、何気無しにネットで検索をしたら『TAIL OUT Ti』だけ、破格の値段で販売しているのを見つけてしまいました。
その値段は定価27,300円のところ、なんと送料無料の代引き手数料込で14,695円でした。
しかもサービスで『Sight Master 3Mクロス』も付いてきました。

Sight Master 3Mクロス

しかし現物が届き実際に掛けてみて、このフレーム形状は私には似合いません。
始めから解っていた事ですが、ここまで似合わないとは思いませんでした。
まるでアキバのオタクみたいになってしまいました・・・。
まぁ釣りにしか使わないので問題有りませんが、ハンチングでも被れば少しはマシになるかもしれませんね。
でもこのハンチングがまた似合わないのですけど・・・。
物は間違いなく良いものなのですが、良い買い物だったのかは疑問です。
まぁ衝動買いなんてものは、こんなものでしょう。
やっぱり物を買うときは、よ~く吟味して買うのが一番ですね。
でもまた懲りずに衝動買いをしてしまうのでしょうが・・・。

野反湖 Final

JUGEMテーマ:フィッシング

11月10日(月)
今日は野反湖の大晦日、私のシーズンFinalの釣行です。
夜勤が終り自宅へ8:30に帰宅、準備をして寝ずに野反湖へ出発です。
今日は同僚のSさん・やまちゃん・やっさんの3人が先に行っている筈です。
急いでも仕方ないので、ゆっくりと途中の紅葉を楽しみながら野反湖へと向かいます。
途中の須賀尾峠の紅葉は見頃で、遠くに見える八ッ場(やんば)ダムの建設工事の風景が邪魔ですが、天気が良ければ尚更素晴らしい景色が見られた事でしょう。

須賀尾峠の景色

今日は天気予報で12月上旬の冷え込みになると言っていた通り、野反湖に向かうにつれ気温が下がって行きます。
11時頃に到着したのですが気温は0℃で、鉛色の空からは雪が舞い降りていました。
風も強く体感気温は更に低く、グローブ無しではとても居られません。

雪景色

いつも通りまずはニシブタを覗き込むと相変わらずデカニジが数匹いますが、相手にされないのは解っているので仲間の居るシラカバ淵へと歩を進めます。
仲間に合流し情報を聞くと、こんな状況でも数匹のニジマスをキャッチしたそうです。
雪は相変わらず降り続き、積もりはしませんが厳しい条件は変わりません。
やっさんも雪が降りしきる中、一生懸命ロッドを振り続けていました。

やっさん

私もラインを出し湖面に向けキャストを繰り返します。
キャストを開始して30分程した頃、やまちゃんと話し込んでいた時にフライに出ましたが痛恨の合わせ切れ・・・。
野反湖の魚は釣り人を見ているのでしょうか?よそ見をしている時に比較的フライに出る事が多く感じます。
更に30分程して再びフライに反応が出ましたが、今度はラインが石に挟まっていて合わせられずバラシ・・・。
そして3度目の正直で良い出方をしたニジマスをキャッチする事が出来ました。
サイズは25cm程でしたがヒレピンの魚体は銀ピカできれいでした。

ヒレピン25cm

その後、似たようなサイズを2匹キャッチしましたが、どちらもブルーバックでは有りませんでした。
最期にブルーバックを拝んで終りにしたいのですが中々顔を見せてくれません。

寒さに限界を感じ16時頃に全員でニシブタへと移動しました。
ニシブタはライズも無く沈黙が続いています。
やまちゃん・Sさんもキャストを繰り返しますが、ここの魚はベテランでも口を使わす事が出来ないようです。

やまちゃん

Sさん

私はニシブタからダムサイトに向けて湖面を叩きながら進む事にしました。
陽も傾き偏光を掛けていると暗く感じる時間帯になった頃フライに反応が有り、合わせると20cm程ですが綺麗なブルーバックを釣る事が出来ました。
すでに光量が少なかった為に撮影はしませんでしたが、肉眼で見た魚体は真っ青で景色を堪能出来なかった分、私の眼を楽しませてくれました。
寒さは更にましラインとガイドが凍っていました。
そろそろ終りにしましょう。
車に戻り気温を見ると温度計は-3℃を示していました。

こうして2008シーズンの私の釣行は終了しました。
今シーズンも色々なドラマが有り、充実したシーズンで有りました。
それらのドラマを画像を見ながら振り返るのも、管釣りと並びオフ中の私の楽しみです。
来シーズンはどんなドラマが待っているでしょうか?

二日連続で野反湖へ


JUGEMテーマ:フィッシング

野反湖の禁漁を目前に控えた今回、二日連続で釣行してまいりました。
マスの活性も日増しに鈍くなっていますが、両日とも天気に恵まれ数は出ませんが楽しい釣行となりました。

11月5日(水)
今回は釣友のN樹のスケジュールに合わせ私とN樹、そしてどうしても一緒に行きたいと言う、うーさんとの3人での釣行です。
全国的に今秋1番の冷え込みとなったらしいですが、例年の冷え込みに比べたら暖かく感じました。
早々に準備をして記念撮影です。

はい、ボーズ?

湖畔に下りると朝の冷え込みは氷点下だったのでしょう、5㎝程の霜柱が立っています。
朝のうちは無風に近く穏やかな湖面と、朝の光を浴びてキラキラと輝く霜柱がとても綺麗でした。

朝の風景

朝のうちニシブタで頻繁にライズが有ったのですが、湖畔にポジションを取った途端になくなってしまい、1時間程粘りましたがドライでは毎度の事ながら撃沈・・・。
ニンフに替えて1投目で当たりましたが、魚のサイズが大きかったらしくフライを持って行かれました。
シラカバ淵へと移動しますが活性が低く、マスのライズは見た感じ全然有りません。
それにしても今回は空が青く雲一つ有りません。
空の青を移しこむ湖面が更に青さを増し、それはそれは素晴らしいの一言では足りない程です。
この景色を自分の目で見られるのだから、これは本当に得した気分です。

ドッピーカン

シラカバ淵で13時頃まで粘りましたが、私とN樹は再びニシブタへと戻りました。
相変わらずニシブタはシビアなライズで、私の未熟な腕では太刀打ち出来ません。
陽も傾き始め、うーさんもニシブタに戻ってきました。
話を聞くと14時頃に活性が上がってライズが始まり6匹キャッチしたそうです。
N樹も知らないうちパーマーク付きですが1匹釣ったとの事・・・。
どうやら今回ボーズとなったのは私だけのようです。
沈む夕日が私を慰めているようでした。

諦めの時間

野反湖でのボーズは毎回覚悟は出来ていますが、正直きついものです・・・。
なんか明日もボーズのような嫌な予感が・・・。

続きを読む

降雪後の野反湖にて

JUGEMテーマ:フィッシング

10月31日(金)

10月の最終日、会社の同僚うーさん、Sさんと野反湖へいってまいりました。
この二人は私なんかより遥か前からこの野反湖に通う野反湖フリークです。
前日の夜に降雪が有ったようで、ロッジ駐車場のトイレの屋根には雪が残っていました。
早速準備をしニシブタワンドへ向かうと、湖畔には今年初?の霜柱が立っていて夕べの冷え込みが伺えます。
ニシブタでは相変わらず良型のニジマスが居ましたが、まったく反応を示すようすが無く早々にシラカバ淵へと向かいます。
先に到着していたSさんと、うーさんはすでに何匹か釣っている様子です。
流石は野反湖を知り尽くしたベテラン達です。

Sさん

うーさん

私も追い付こうと頑張りますが、今日は活性が低く反応が出ません。
そのうち風も無くなり音の無い静寂の時間が訪れました。
こうなるまったく釣れる気がしなくなってしまいます。
私は再びニシブタへと戻り駄目元でデカニジを狙う事にしました。
ニシブタに戻りながら気になるポイントへとフライを置いてみると、2匹のニジマスが出てくれ何とかボウズは免れる事が出来ました。
その後ニシブタで見事に撃沈されたのは言うまでも有りません・・・。

夕方まで粘りましたが今日はダメダメで、2匹のみと言う散々な結果に終わりました。
天気予報も外れ、夕方になって陽が少し出たのみで非常に寒い一日でした。
それでも3人共、魚の顔を見る事が出来たので楽しく一日を終わる事が出来たとおもいます。

野反湖の夕焼け


プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。