スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦労の果ての幸運

7月25日(水)
今回も前回の良型連発の釣りが忘れられず、単独で片品水系へ行ってまいりました。
前回はいつ尺が出てもおかしくない状況で、結局は尺には恵まれず残念な結果に終わったた為、いわばリベンジの意味も含まれた釣行です。
天気は曇りで気温は朝で13℃と半袖では寒い程です。魚の活性が下がっていなければ良いのですが・・・。



例の如く太陽の日差しの無い暗い林道をMTBで40分程かけて上って行きます。
気温は低いですが入渓点に着く頃には、汗が滝のように吹き出てビショビショです。
ウェダーを膝まで降ろし渓に足を漬けると、渓の冷たさがとても心地良く汗がスーと引いて行きます。
しばし荒れた呼吸を整えながら水温を計ると、前回と同じく10℃と前半は余りパッとしない釣りが予想されます。
時間を調整しながらゆっくりと釣り上がって行きますが、幾分か前回よりは反応は有るものの魚の活性は低いようです。
アベレージは18cm程と小さいですが、それでも時折23~25cmのイワナも顔を見せてくれます。
そしていよいよ前回に良型が連発した渓が見えてきました。
ティペットを交換し気合いを入れて勝負に挑みます。



苔むした石がゴロゴロと転がり、この空間だけ酸素濃度が高く空気が美味しく感じます。
どんな小さなポイントでも油断ならないので、丁寧に1つ1つのポイントを狙って行きます。
ところがどうした事かあれだけ魚影の濃かった筈が、まったく反応がはおろか魚影も有りません。
最終ポイントまでの半分ほど釣り上がったあたりから反応が出始めましたが、釣れてくるのは期待したようなサイズでは有りません。
前回に尺クラスをバラシたポイントにフライを入れると、ここには居ました!
ところがフライを見に来ただけで石に潜ってしまいました。
フライを替えて狙ってみますが2度と姿を見せる事は有りませんでした。
そして最終ポイントです。このポイントは前回に尺クラスが居たにもかかわらず、不用意に近づいてしまい魚に走られてしまったポイントです。
そして不思議とここより上流は途端に魚が居なくなってしまったポイントでも有ります。



同じミスをしないようにそっとポイントに近づき覗き込むと、尺が居たポイントに魚影は有るものの尺では無さそうです。
とりあえず狙ってみると1発でフライを口にしました。25cmのイワナでした。
『ひょっとしたら前回に大きく見えたのはこいつかな?』と思いながら再びポイントに近づくと居ました!
最初のイワナが釣れたポイントより30cmほど上流に、ユラユラと揺れながら泳いで居ます。
それも最初に釣れたイワナなど比べ物にならない程のサイズです。尺イワナだと言うのは一目瞭然です。
姿勢を低くしポイント目掛けてELKカディスをキャストすると、これまた1発でフライに出ました。
ところが、なっ!なんと!合わせた瞬間にフライが宙を舞い痛恨のバラシ!!!やっちゃった・・・。
肩を落としポイントを覗くと、イワナの女神はまだ私を見捨てて居ませんでした!
不思議な事に尺イワナが同じポイントに戻って泳いでいるのです!
しばらく頭の中は???で一杯になりましたが、バラシでは無くすっぽ抜けだったのか間違いなく尺イワナはまだ目の前にいます。

気を取り直しフライをカディス・ピューパに付け替え再び狙います。
ところが先程のすっぽ抜けでスレてしまったようで、フライに反応はするのですが口にはしてくれません。
場を休めながら一服しフライをブラック・パラシュートに交換します。
そして1投目でスーと浮いてきてパクリとフライを吸い込みました!
ロッドを立てると物凄いスピードとパワーで狭いポイントを暴れまくり石に潜ろうとします。
私も必死でロッドで誘導しようとするのですが、ポイントが狭い上に物凄いパワーに圧倒され魚を止める事が出来ません。
そして運が悪く水中に入っていた木の根にリーダーが絡んでしまいどうにもならなくなってしみました。
魚は落ち込みの白泡の中に逃げ込んでしまい、ロッドからは生命感は無くなっていました。
あれだけのサイズの魚だからいくら5Xのティペットと言えども、ロッドの吸収力が無くなればもう終わりでしょう。
それでも望みを捨てずに根っこに絡んだリーダーをたどると、幸運にもまだ魚は私の望みと繋がっていました。
長い格闘で疲れ果てたのか、リーダーを手で手繰り寄せると大して暴れず素直に白泡の中から出てきました。
そして無事にネットに納めるとズシリと重くネットが小さく感じる程の大きさです。
メジャーを当てると予想以上に大物の35cmのイワナでした。





それにしても今回は幸運に2回も恵まれ良い思いをする事が出来ました。
幸運がなければ釣れなかった1匹だけに、釣ったと言うより釣らした貰ったと言うような1匹でした。
その後も数匹のイワナを釣り今回は気持ち良く14時30分にて早目の納竿としました。
スポンサーサイト

原生林の森

7月19日(木)
今回は釣友N.Sと共に片品川水系へと行ってまいりました。
前回は単独での釣行でビビッて途中で引き返す羽目となりましたが、今回は心強い連れがいる為より一層奥を探ってみる事としました。



昨日までぐつついていた天気も回復し、太陽が顔を見せる絶好の釣り日和です。
気持ちの良い林道を40分程MTBで行くと、いよいよ目的の渓が見えてきました。
若干水量が多いものの素晴らしい流れが私達を迎えてくれました。
水温は10℃と活性が上がるには少し時間が掛かるかもしれませんが、準備をして8時頃よりスタートです。

始めは予想通り反応も少なく出てもチビイワナばかりです。
活性が上がるのを待ちながらのんびりと釣り上がる事としました。
しかし3時間ほど釣り上がりましたが、思ったほどパッとしない釣りが続きました。
そんなこんなしているうちに流れが2つに分かれるポイントへと辿り着いてしまいました。
時間もまだ早いので本命とは違う流れを釣ってみる事とします。
この渓は2年ほど前に1度竿を出したことは有りましたが、少し釣り上がったポイントから途端に魚影が無くなってしまった経緯があります。
果たして今回はどうでしょうか?



水量はグンと少なくなりポイントが極端に少なくなります。
そんな流れでもイワナ達は元気に生き延びていたようで、12cmほどの可愛いサイズが出迎えてくれました。
少し釣り上がったポイントでこの渓では大きめな溜まりが現れました。
まずは手前のヒラキをN.Sが狙うと20cmほどの岩魚が元気良く飛び出してきました。
N.Sがフライを乾かしている間に奥の小さい巻き返しを狙わして貰うと『パシャッ』と水飛沫が上がりフライが消えました。
出方からして大したサイズじゃないと思ったのですが、思いのほか良い型で驚きました。



この1尾を皮切りに、この後信じられないほどの良型の連発が続きました。
普段なら狙わないような浅くて小さいポイントからも、良型が次から次へと飛び出してきます。
私もN.Sも夢でも見ているようでしたが、何かに取り付かれたように夢中で釣り続けました。
そして或るポイントからパタリと魚影も反応も無くなってしまいました。
結局尺こそ出なかったものの300mほどの区間で、N.Sの29cmを筆頭に25cmオーバーは2人で10匹以上は釣れました。
ふと我に返ると何か怖くなるような出来事でした。

この渓を下り本命の流れに戻り釣り上がりますが、こちらは前半同様パッとしません。
反応の少ないまま私達が『尺ポイント』と呼んでいるポイントに到着しました。
まずは私から狙わせて貰う事となりリールからラインを出していると、ライズがいくつか確認できます。
そちらのライズも気になりましたが、まずは尺が出ているポイントを狙う事とします。
1投目でフライに反応が有りましたが、残念ながら期待した尺では有りませんでした。



私が釣り上げた魚を撮影している間にN.Sがライズを狙います。
数投目でフライに反応が有り、こちらは私が釣り上げた魚より一回り大きな魚でした。
尺と言う言葉に目が眩んだせいで、どうやら裏目にでてしまったようです。

今回は全体的にみるとパッとしない結果に終わりましたが、恐怖を感じるほどの良型連発に救われました。
それにしても同じ水系でこれほど釣果もサイズも異なるものなのかと、少々驚かせれた釣行でした。



標高1800m越え

7月13日(金)
今回は同僚の3人で千曲川水系に釣行してきました。
相変わらず梅雨空ですが、なんとか釣りにはなりそうな天気です。
今回の渓は下流部を釣った事は有りましたが、上流部は3人共まだ竿を出した事はない渓です。
3人共最近は同じ渓ばかりの釣行でマンネリ化していた為、初めての渓に期待と不安を抱いての釣行でした。

現地に着き渓を覗くとそこには素晴らしく透きとおった水と、大岩がゴロゴロした落差の有る渓相が広がっていました。
まずはビールで前祝い?をして、11時頃からの遅いスタートです。



でもそこは流石にメジャー河川の千曲川水系・・・中々思うように魚とは御対面できません。
本当に渓相は最高でポイントは多く、何処からもでもイワナが出て来てもおかしくないのですが、魚影が少ないのか?スレているのか?
たまにフライに出るのは15cm程の可愛いサイズばかりです。



そんな中、流れが大岩にぶつかっている絶好のポイントで、Sさんのフライにまずまずの魚が反応しましたがフッキングには至りませんでした。
その後なんどか同じ流れにフライを流しましたが、魚が出てくる事は有りませんでした。
『違うフライなら出るかも知れないからやってみな』と言う言葉に甘えて私が狙わせて貰うと、言葉通りに1投目でフライに反応してきました。
ここまでで最高の23cm程のイワナでした。



その後もだいぶ釣り上がりましたが、出てくるのは大きくても22㎝程で良型は反応してきませんでした。
それどころか或るポイントから魚影も反応もパタリと無くなってしまいました。
『これは変だぞ』と先行者の存在を疑いましたが、先行者がいる形跡は有りません。
だいぶ落差の有る流れなので、『ひょっとして・・・』と腕時計で高度を見てみると1840mも有りました。
台風4号の影響で正確な数字では無いにしろ、どうやらイワナの生息域を超えてしまったようです。

魚の居ない区域で竿を出しても釣れる筈も無いので、車に戻り後半は下流部を釣って見る事にしました。
この区域は何度も竿を出した事が有るので、ポイントは大体絞り込めます。
釣り上がりながら良さそうな魚がフライに出ましたが、フッキングには至りませんでした。
時間もイブニングに近づき、再び先程の良型が反応したポイントを攻めてみました。
これでもかと言う程しつこく攻めて、ようやくフライに出たのは今回最大となる27cmのイワナでした。



これで何とか目的達成と言う形で、今回の釣行は終了としました。
今回は初めて竿を出した渓で、久し振りに新鮮な気分で釣りが出来ました。
途中に気になる支流が何本も有ったので、時間が有ったら探釣をしてみたいと思います。

臆病者フライマン

7月9日(月)
今回はシーズン初となる片品川水系へ釣行してまいりました。
天気も午前中は晴れとの予報なので、久し振りに気持ち良くロッドが振れそうです。



目的の渓へは8時30分頃から入渓したのですが、週末のプレッシャーなのかまったく反応が有りません。
少し上流に行った所で原因が解りました。石に真新しい足跡が有りどうやら先行者がいたようです・・・。
1時間程は我慢して竿抜けしてそうなポイントを釣ったのですが、釣果は2匹のみとやはり厳しいようです。
仕方なく一旦林道に上がり『えっちら、おっちら』と林道を上流に向けて歩き、だいぶ上った場所から再入渓です。
やはり先行者が居なければ魚も素直にフライに反応してくれ、最初のポイントから面白いようにフライに飛び付いてきます。
先行者の存在は河川が小さくなればなる程、釣果にダイレクトに影響するものですね。



落差の有る流れを気持ち良くどんどん釣り上がって行きます。
しかしながらポイントごとに反応は有るのですが、釣れるのは23cm止まりで一向にサイズUPしません。
時計を見ると14時です。まだ引き返すに早いのですが、急にこんな山奥に1人で居るという現実を考えたらなんだか怖くなってしまいました。
一度気にしだしたら廻りが気になってしまい、釣りに集中出来ません。挙句の果てには『あそこの曲がりを出た所に熊が居たらどうしよう』と悪い方向にばかり想像を膨らませていまう始末です。
『怖さ』と『不安』の重圧とは凄いもので、結局根性無しの私はその重圧に負け渓を下る事となりました・・・。

だからと言ってまだ満足が行っている筈もなく、前々から気になっていた渓へ足を運んで見る事にし車に戻り移動をしました。
目的の渓に着き観察してみると、規模の割には水量が多いようです。
渓を観察しながら準備をしていると、流れ込み付近でライズが有ったように感じました。
気のせいだったかも知れませんがフライを流して見ると、2投目でフライに反応が有りましたがフッキングには至りませんでした。
魚影自体は確認出来なかったのですが、良いサイズだったようなので再び少々時間を置いてから狙って見る事にしました。
今度は予め魚の出るポイントは解っているので、慎重に距離を測りフライをキャストします。
上手い具合にキャストが決まりフライがレーンを綺麗に流れて行きます。
心の中で『そこだ!出ろ!』と叫んだ瞬間、水飛沫が上がりフライが消えました。
ロッドを立てると明らかに良型と解る程の生命感がロッドを通して伝わってきます。
いつも以上に時間を掛けて慎重にやり取りをし、無事ランディングに成功しました。
ネットに収まったのは思った以上に大物の綺麗な尺イワナでした。



その後1時間程この流れを釣り上がりましたが、チビイワナが4・5匹釣れたのみでした。
初めての流れで大物を手に出来た満足感に満たされ、今回は17時30分にて納竿としました。

今回は自分の軟弱な部分に気付き少し気落ちしましたが、人間は誰もが弱い部分を持っていると思います。そしてその弱い部分も必要なのだと思います。
所詮人間など自然には勝てる事など出来はしないのだから、負けを潔く認めての引き際が大事なのだと思います。
今回はそんな『弱い自分』を出してしまいましたが、最後の尺イワナで少しは汚名返上となったでしょうか?

M.F.Dメンバー釣行 2

7月2日(月)
今日はM.F.Dメンバーでの第2弾となる釣行です。
今回は前回より出席率が高く私を含めて5人での長野釣行です。
この渓に通い詰めている私は本来ガイド役を勤めなくてはならないのですが、かくなる私も約20日振りにロッドを握るので釣る気満々で当日を向かえました。
普段1週間以上もロッドを握らない事なんて有り得ない私にとって、どれだけストレスが溜まっていたか『釣りキチ』の方なら解って頂けると思います。

ところが集合場所にメンバーが集まり始める中、無情にも土砂振りの雨が降り続いています。
ただでさえストレスで爆発しそうな私にとって、歓迎出来ない天気です。
でもメンバーの誰もが現地まで行って確認しないと諦められないみたいで、現地に向けて出発です。さすが『釣りキチ』揃いのM.F.Dメンバー[:楽しい:]



現地に着くと雨はまだ降っていないものの今にも振り出しそうな雲が垂れ込んでいますが、なんとか釣りにはなりそうです。
早速釣りの準備を済ませ釣り開始です。私はマーちゃんとシンゴちゃんの3人で釣り上がる事にしました。
釣り始めてすぐ鉛色の空から大粒の雨が降ってきました。
そんな中シンゴちゃんが平均サイズのイワナをキャッチしましたが、その後はパタリと当たりが無くなってしまいました。





私もマーちゃんも最初の1匹を手にしたのは、だいぶ時間が経っての事でした。
今日は水量も普段に比べてだいぶ多く、カッパを着て丁度良い位の気温が魚の活性を下げてしまっているようです。
それでも各自やっとの思いで数匹のイワナと、まずまずのサイズを手にして集合時間の13時30分を迎える事ができました。

集合場所に向かうともう1つのグループのジュンちゃん・Oくんはすでに川から上がって昼飯を食べています。
お互いの情報交換をするとやはり今日は活性が低く厳しいようです。
談合をしている最中に通り掛った地元の常連フライマンも、『今日は最悪だよ』と言っていた程です・・・・・。

相変わらず雨は降ったり止んだりで、私達のやる気を奪って行きます。
それでもそこは『釣りキチ』。後半も雨に負ける事無く渓へと向かいます。
私達3人は前半より更に下流に入る事にしました。
反応は少ないながらも前半よりは魚の活性も幾分かは良いようです。

時間も16時を過ぎるとカッパを着ていても寒い程です。
それでもイブニングなのか?この時間が1番反応が良かったように思います。
そして集合時間の18時が近づき納竿としました。



今回は私的には超が付くほど久し振りの釣りだったのにもかかわらず、天気にも釣果にも恵まれない1日となり、消化不足でストレス発散の筈がストレスを溜める結果となりました・・・。
前回の釣りが『天国』だっただけに、『地獄』を味わった気分です。
それでも仲間と一緒の釣行だったので、『こんな日もあるさ』と渋々ですが納得する事が出来ました。
今度は太陽の下で気持ちの良い釣行をしたいものです。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。