スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろフライパラダイス?

5月28日
色々と忙しく更新が遅くなりましたが、再び天然イワナの渓へ行ってまいりました。
雪代もだいぶ落ち着き本来の渓相を取り戻しつつあります。
少々気温が低いのが気に掛かりますが、天気も最高で眩しい光が渓へと降り注いでいます。



午前中の水温は8℃でなかなか魚達も水面までは出てきてくれませんでした。
それでも飽きない程度に私のフライへと挨拶にきてくれるものもいました。
まだ体が鈍っているようでフライに出てもフライを咥え損ねる固体が目立ちます。
出方もゆっくりスーッ浮上してくる感じで、この渓の本番はもう少ししてからだと言う感じです。

午後になり水温も10℃まで上昇してくると、そんな活性の低かった魚達にも変化が現れました。
今まで流れのたるみでしか反応が有りませんでしたが、流れの中でも反応が出始めライズも確認出来ます。
フライの捕らえ方も上手くなり良いポイントでは必ず反応が有ります。
サイズも次第にアップし午前中のストレスも解消する事が出来ました。



イブニングにも期待したのですが、まだ時期が早いようで期待したようなイブニングは無く終わりました。
そろそろこの渓も最盛期が訪れ、爆発的な釣果でパラダイスとなる予感がします。
しばらくはこの渓に足を運ぶ事となりそうです。
スポンサーサイト

M.F.Dメンバー釣行

昨日はM.F.Dのメンバー3人で久し振りに千曲方面へ釣行してきました。
雲一つない最高の天気に恵まれ3人共とても楽しい一日を過ごす事が出来ました。

続きを読む

天然イワナの渓

今年は全国的に降雪が少なかった為、何処の渓も水不足だと言う声が聞こえてきます。
それなら例年だと雪代で6月にならないと釣りにならない渓は、すでに最盛期を迎えていて爆釣では?と目論み、一足早く長野の渓へSさんと出かけてきました。

渓へ向けて標高を上げて行くと例年よりは少ないものの、まだまだ残雪が有り標高の高さを物語っています。
途中で年券を購入し少しばかり近況を聞き、いよいよ渓への林道へと突入です。果たして水量は落ちているのかドキドキの瞬間です。



続きを読む

沈黙を破った奴

明日は長野へ遠征釣行の為、今日は地元の渓へ行ってまいりました。
今日も前回と同じく烏川水系の渓です。前回カミナリの為やむなく撤退したポイントから釣り上がりました。
天気にも恵まれ渓を吹き抜ける風が心地良く、本当に気持ちの良い1日になりそうです。



続きを読む

天気予報的中

今日は仕事が休みで久し振りに1日ゆっくりと釣りが出来ると思っていたのですが、天気予報では午後から崩れカミナリを伴い激しく雨が降るとのこと・・・。それでも午前中は何とかもちそうなので、会社の同僚Sさんと地元の渓に出掛けてきました。

現地には10時頃に到着したのですが、ラッキーな事に私達以外に釣り人はいません。Sさんはこの渓が初めての為、今日は私が案内役です。いつ雨が降ってくるか解らないので早々に仕度をし釣りを開始します。

続きを読む

仕事前にちょい釣り

5月8日
長いGWもようやく終わりストレスが爆発寸前の為、仕事前に地元の渓に行ってきました。2日前のまとまった雨が、渓のプレッシャーを洗い流してくれるのを期待して現地に向かいます。さすがに平日と言った感じで、釣り人らしい車は数台しか停まっていません。車を林道脇に停め目的の支流へと歩を進めます。GW中もあまり人が入らなかったのでしょうか足跡が少ないです。崖を滑り降り渓へと足を踏み入れると、緑の中にいつもの気持ちの良い流れが広がり、いよいよ最盛期を迎えたんだなぁと実感させてくれます。

続きを読む

ELKカディス



今回とりあげたELKカディスは、私がシーズンを通してもっとも多用するパターンです。これからの時期はELKカディスだけ有れば、充分釣りになると言っても過言では無い位です。

古くから日本に伝わるドライフライの中でも、これほど魚(特にイワナ)に対して効果の有るパターンは他に無いと私は思っています。
フライを巻く際にも手軽に短時間で量産出来ます。また使用する際にも、視認性・耐久性・手返しの良さ、どれを取っても他のドライフライより勝っていると思うのです。

比較的フライ自体に重量が有る為5X位のティペットと相性が良く、狙ったポイントにピシッと決まってくれます。また5XのティペットですとELKカディス特有のティペットがチリチリになってしまう現象も無く、快適に渓を釣り上がれます。

流し方はナチュラルに流しても良し、ドラグをかけても良し、水中をスイングさせても良しと使い勝手は抜群です。
それに何と言っても渓流のイワナにはELKカディスが1番似合うと私は思うのです。

フライを巻き巻き

フライBOXを見るとスカスカの状態です。今日は久し振りにフライをまとめて巻きました。これからの時期に必要となってくるフライをメインに巻いたのですが、デジカメのアップの画像をみて愕然です。こんなに下手くそだったとは・・・。ちょっとフライを紹介するには恥ずかしくて気が引けますが、私の常用フライを見てやって下さい[:あせあせ:]

まずはスタンダードなソラックス・ダンです。


フック/TMC531 #18~#14
スレッド/各色 8/0
ボディー/フライライト 各色
ハックル/各色
インジケーター/エアロドライ・ウイング 各色
テイル/マイクロファイベッツ

続きを読む

プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。