スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風の赤城大沼 

1月9日(木)

今回は寝坊して6:00過ぎに青木別館の駐車場に到着。
朝から風が強く雪も降っている。
みんな状況を伺っているのか、誰も氷上には繰り出していない。
私も状況を伺いながらゆっくりと準備を済ませる。
強風は相変わらずだが雪は止み、空が紫色に染まり始めた6:30に氷上に降り立った。
今回は連日好調の様子のフカンドに挑む。
フカンドに到着し一息つきながら周りを見渡すと気持ちの良い景色が広がっていた。

20140109_110921.jpg

いくつか穴を開け魚探で確認するが、どの穴も似たような感じで魚影は薄い。
最終的に2本目の竹の後に釣り座をセッティング。
水深は18mと深い為、今回も電動リールでスタート。

20140109_110934.jpg

噂だとフカンドは底ベッタリで朝一はパッとしないらしい。
実際にボチボチ群れが入って来たのは8:00過ぎだった。
でも底ベッタリでは無く、今回は底から1.5mくらい浮いている感じだ。
噂を真に受けて仕掛けを1.5mでスタートしたが、ほとんどが1番上の針ばかりに集中した。
時折りダブルも有りポツポツでは有るが順調に数を伸ばして行く。
11:30で目標の1束をクリアし少々休憩。

20140109_114140.jpg

天候が荒れる予報だったのと平日と言う事も有り、今日は比較的に人は少ない。
フカンドで10人くらいの人だろうか?
遠くリンクには人影が見えなかった。

20140109_113753.jpg

それにしても気持ちの良いロケーションだ。
風さえ無ければ露天での釣りが気持ち良いだろう。

20140109_113741.jpg

昼を回った途端に群れが消え沈黙モードへ突入。
まれに群れが入っても当たりすら出ない。
13:00までに数匹追加したのみだ。
食いが渋く当たりを取れていないだけなのだろうか?
13:30頃に電動より感度の良い手ばねに変更してみる。
するとようやく当たりが取れ出し1時間で10匹ほど追加する事が出来た。
やはり電動だと当たりを取るのに限界が有るようだ。
今日は夕方から用事が有るため14:30で終了。
最終釣果は114匹と自分的には満足な結果を出せた。

20140109_145204.jpg

【今回の疑問点】

①手ばねの穂先は非常に繊細なので軽いオモリしか使えないが、そうすると沈下スピードが遅く手返しが悪い。
深場で手ばねで釣る場合に早く仕掛けを落とす為にはどうしたらいいのか?
やはり捨てオモリを使うしかないのかな?

②手ばねでナイロン(ホンテロン)を使っているが、どうしても糸がねじれてしまう。
ねじれが入ると仕掛けを落とす際にトラブルになってしまうし、ねじれた分だけ微妙に棚が変わってしまう。
ナイロンでは無くPEを使用すれば良いのか?

今後色々と試行錯誤して試してみたいと思う!
スポンサーサイト

解禁!赤城大沼!

1月4日(土)

だいぶ遅れたが赤木大沼の解禁の様子。
まだ暗い5:30頃に青木別館に到着し年券を購入。
そして解禁の6:00に氷上へ降り立つ。
少し雲は多いが風も弱く良い釣り日和だ。
ポイントは昨年に良い思いをしたリンク脇。

20140104_112623.jpg

リンク脇は水深が有るため電動リールで挑む。
解禁らしくスタート直後は良い調子で釣れた。

20140104_083055.jpg


8:00の時点で50匹を超えるペースで、昼には1束超えを確信した。
ところが途端に群れも来なくなり沈黙が続く状態に・・・。
10:00までの2時間で10匹ほどの釣果。
我慢が続かず解禁は10:30にて終了!

20140104_110957.jpg

まぁまだ始まったばかりだし今後に期待!
サイズも良く心地良い引き味を味わえたので良しとしよう!

ラストは野尻湖で

JUGEMテーマ:フィッシング

4月5日(金)

季節も進み冬から春へと変わったが、名残り惜しむように最後のワカサギ釣行へと行ってきた。
最後の釣行は野尻湖での屋形船。
釣果に拘らず最後は仲間同士で楽しんできた。



今回も『ほとり荘』でお世話になり、私達が乗り込んだのは1号船で総勢13名。
22人乗りの屋形船だけに、ゆったりとスペースを使う事が出来た。



少々の風は有ったが天気も良く、最後の釣行には申し分ない。
各々のスタイルで楽しく最後の釣りを楽しんだ。



釣り始めは好調だったが徐々に食い渋り、11時頃にポイントの移動が有った。
移動してからは入れ食いは無かったが、良い感じで釣れて楽しい時間を過ごす事が出来た。
ただ昼過ぎにDDM(赤)の調子が悪くなり、騙し騙しやっていたが最終的にリールが巻き上げなくなって13時頃から竿1本での釣りとなったのが悔やまれる。
15時に船長の終了の合図で納竿とし、今季のワカサギ釣りは終了となった。



今回はメンバーの釣果は良く満足の行く結果が出せたようだ。
メンバー4人の釣果は↓

私 366匹(電動のトラブルがちょいと悔やまれる)
うーさん 299匹(どうしてもあと1匹釣りたかった様子)
後輩S 184匹(電動2刀流も慣れてきた?)
後輩T 135匹(初の3桁達成)



最後にほとり荘のお母ちゃんお礼を言って野尻湖を後にした。
これで私のワカサギシーズンは終了。
これからぼちぼち渓流モードへ気持ちを切り替えなくては^^;
まずは山菜でも採りながら、のんびり渓歩きをしてきたいと思う。
 

丹生湖 最終日

JUGEMテーマ:フィッシング

3月31日(日)

この日も赤城大沼の最終日へ行く予定で有ったが、今シーズンは氷の状態が悪いのが理由でクローズとなってしまった。
それでもワカサギモードがまだ抜けず、我慢しきれずに代わりに丹生湖の最終日へと行ってきた。
5:40に丹生湖の駐車場へと着くと、家を出るときに降っていた霧雨も止んでいた。
くしくも最終日は日曜日で込み合うのを予想していたが、生憎の天気で釣り客は少なめだった。
ゆっくり出掛けたつもりだったが先客は25名ほどで、10名づつ分けての入場で私は3回目で入場する事が出来た。



それでも北桟橋と南桟橋の手前は人気だろうから、今日は中桟橋で釣ろうかと考えていた。
桟橋の通路を進むと予想通り北桟橋は人気で手前側はすでに一杯だ。
遠目に南桟橋を見ると運良く前回の釣り座には誰も居なく、何故だか背中合わせ側の釣り座は一杯だった。
こうなれば中桟橋はパスして、もちろん南桟橋へ直行。



前回の釣りの感じだと仕掛けは1mも有れば充分なので、今回は『誘々ワカサギ』の10本針を4本針にカットし、約80cmの仕掛けを2つ作る。
この辺の仕掛けの準備は、いつもだと事前に用意して出掛けるのだが、今回は天気によっては中止にするつもりだったので準備していなかった。
準備をしている間にも周りの方達は入れパク状態で、焦ってしまい上手く結ぶ事が出来ず準備に手こずってしまった^^;
準備を済ませようやく釣りを開始すると、相変わらずの食いっぷりで仕掛けを下ろせば何もしなくても釣れる状況。
1時間ほどは『入れパク』状態は続いたが、7:00頃に遅れて後輩Sが来たと同時にまたもや群れの入りが悪くなってしまった。
本当に不思議だが後輩Sは何かを持っているようで、このような事が度々有る。
思わず隣が空いていたが、『頼むから隣に座らないでくれ』と口走ってしまった^^;
それでも何とか9:00までは時速100匹を上回っていたが、徐々に失速し朝一の貯金もなくなってしまった。
気分転換にトイレに行きながら北桟橋の状況を見ると、こちらは順調に釣れ続けている様子だった。



だんだんと天気も雲行きが怪しくなり、霧雨が降ったり止んだり。
10:00頃からは群れがほとんど入らなくなったが、底付近に魚は居るようで非常に小さいが当たりは有る。
この当たりが取れるか取れないかで、大幅に釣果が変わってしまう。
これがワカサギ釣りの面白いところ。
後輩Sも隣で『そんなに頻繁に当たりますか?』と不思議そうだった^^
お昼のサイレンが鳴るとほぼ同時に、空が泣き出し湖面が乱れ始めた。
雨足はだんだんと強くなり、12:30で強制終了・・・。
急いで後片付け済ませ車に戻った。
それでもギリギリ目標5束をクリアの507匹で終了。
後輩Sも1束を目標に頑張ったが、76匹で今回は終了し目標達成ならず。



天気予報だと15:00頃から降りだす予報だったが、予想に反して早く降りだしてしまい半日しか遊べなかった今回の釣行。
それでも半日で500匹オーバーで今回もお腹一杯となった釣行だった。
雨が降る中でも頑張っていた人も居て、最終的にどれだけ釣れたのか気になるところだが、個人的には気持ちよく終われて良かったと思う。
残すはラスト釣行となる野尻湖の屋形船。
不調だった野尻湖も右肩上がりとなり、4束・5束も出始めてきたようだ。
果たしてラスト釣行も気持ち良く終われるか不安だが、最後は皆で楽しく遊べれば何よりだ。

目標5束で挑んだ丹生湖

JUGEMテーマ:フィッシング

3月27日(水)

昨日の偵察では良い結果が出せた丹生湖。
本命の今日は目標『500匹』で挑む事は昨日の時点で決めていた事。
オープンの6時前には駐車場に到着したが、すでに6人程の先客が入口に荷物を置いて場所取りをしている。
私も先客の後に続き荷物を置き待つこと10分。
入口のロープが外され皆同時に桟橋へと向かう。
狙うは北桟橋の手前側だが、そこは皆同じ事を考えているだろう、足は北桟橋へと向かっている。
運良く1番手前は皆パスをしたので、とりあえず荷物を置き釣り座の確保に成功。
まずは魚探を入れて見ると、水深は3.5mと浅く群れも入っていない。
釣り開始前に魚探片手に他のポイントも探りを入れてみる。
北桟橋~中桟橋~南桟橋と順に魚探を入れて見るが、何処も大差なく大きい群れは朝のうちは入っていないようだ。
しいて上げるなら足は速いが南桟橋が1番群れが入っていた。
悩んだ末に折角確保した北桟橋の釣り座を捨て、南桟橋で勝負をする事に決めた。
この時点で南桟橋には私1人のみで、他の方は北桟橋に集中していた。



皆に遅れようやくスタート。
開始直後から『入れパク』状態が続き、時速100匹ペースで釣れ続けた。
7時過ぎになり数名の方が南桟橋にも来たが、それでも私を含め4人程。
しかも私とは背中合わせの釣り座で、相変わらず孤立状態は続いていた。
7:30頃に丹生湖のスタッフが状況確認にやってきて、『此処は朝は良いけど10:00頃に止まっちゃうんだよ。昨日も10:00過ぎはパッタリだったよ』と親切にも要らない情報をくれた^^;



スタッフの話の通り8:00過ぎまでは時速100匹を上回るペースで釣れていたが、徐々にペースが落ち始め段々と他のポイントの方が良く見えてきた。
ふと北桟橋を見ると私が退いた釣り座はまだ空いている。
情報収集を兼ね魚探を持って北桟橋に行って見ると、北桟橋ではこの時点で3束超えを出している人もいた。
魚探を入れて見るとそれほど群れは入って居ないが、食いは朝から途切れる事無く良いようだ。
南桟橋の自分の釣り座に戻り、再び移動しようか考える。
そんな事をしてもたもたしていたら、北桟橋の釣り座に違う人に座られてしまった^^;
もう今日は此処で1日勝負をすると決め、もう一度気合を入れ直し再開。



群れの入りは悪くなってきたが、全く昨日と同じ感じで底付近に魚が居るようで再び良いペースで釣れ始めた。
10:00過ぎになってもペースは変わらず、徐々にスタッフの言っていた言葉の不安も無くなり始めた。
今日は1日中曇りで、気温は若干低いが風が無く釣りやすい。
ボートも数台出ているが、ボートの釣果はどうなのだろうか?



昼過ぎになり食い渋りが始まり当たりも非常に小さくなったが、風が無いので見逃さず合わせれば確実に釣れてくる。
この小さな当たりは今までの自分では取れない当たりで、穴釣りで修行を積んだ成果を再確認出来た。
今回はもう大満足する事が出来たので、3:15には後方付けをして終了とした。
そして今回の最終釣果↓



目標5束を大幅に上回る760匹で終了!
実は11:00まで時速100匹を上回るペースをキープし、11:00の時点で目標はクリアしていた。
目標はクリアしていたので、昼で上がろうかとも思ったが記録に挑戦しての結果。
帰りながら北桟橋の状況を聞くと、こちらも午後はパッとしなかったようで1番釣った人で680匹位だとの事。
でもこの北桟橋で1番釣った人は竿1本で、私より1時間ほど早く上がっての釣果。
かなりの達人とお見受けした^^;
でも最終的には南桟橋で1日粘ったのは正解だったようだ。
サイズこそ満足サイズでは無かったが、お腹一杯になった1日となり、不意に中止となった赤城大沼釣行の穴埋めになった1日であった。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。