スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカサギ コロコロ作成

JUGEMテーマ:フィッシング

4月9日(月)

ワカサギ釣りも終了しメインの渓流に移行しなくてはならないんだけど、なかなか気持ちの切替が出来なく未だにワカサギモードから抜け出せない・・・・・^^;
そしてワカサギの穴釣りで欲しかったコロコロの作成に動き出してしまった。
普段だと余り長い仕掛けは使わないのだが、今年の松原湖や赤城湖では魚の群れが底から中層と幅が有り、どうしても長い仕掛けでなくては対応出来なかった。
仕掛けを長くすると出てくる問題が、狭いカタツムリ内での仕掛けのトラブル。
それもそのはず、カタツムリの中は天井まで1m程なのに使う仕掛けは2m近く有るのだから。
そこで活躍するのが今回作成に踏み切った『コロコロ』。
今まではカタツムリの天井にS字フックを取り付けて対応していたが、S字フック自体が細いので枝針がS字フックに絡まってしまうトラブルが度々有った。
このトラブル解消はS字フックにセロテープなどのプラスチックの軸を吊るせば良いのだが、これだとカタツムリを開けての露天の時は使えない。
でもなんだかんだ言っても自作を試みた1番の理由は、何と言っても既製品が高くて手が出ないと言うのが本音だ^^

では作成手順をお披露目^^

まずは材料収集だが、今回の作成に置いて1番見つけるのに苦労したのが滑車部分。
散々探して結局は灯台下暗しで、自宅の近くのファー○ドゥーに有った。
その滑車部をそのまま使うと少し大きく感じたので、好みのサイズにカット。

滑車部

穴釣りだけではなく、ボートや桟橋の釣りでも使えるようにクランプタイプで作成。
クランプ部は竿置きと同じ要領なので作成手順は省く。

クランプ部

コロコロの高さ調整用の棒はカメラ用の一脚を使用。
実は魚探の振動子用に使っていた伸縮パイプで1度作成したのだが、ネット徘徊をしていて偶然或る方のブログで見つけたのがこの一脚。
許可を得ずにパクリで作成^^;
この一脚の付け根が縦横に自由に動く為、非常に使い勝手が良いと思う(まだ使用してないが)

カメラ用の一脚

この一脚をクランプのL字ステーに取り付ける。

クランプと一脚を取り付け

一脚の先端にM5サイズの穴を空ける。

一脚の先端部

この穴に真鍮製の金具を取り付ける。
この金具はヘラブナ釣り用の金具で、上○屋で購入(これもパクリ^^;)

金具の取り付け

次は滑車部の作成。
基本的に私は滑車が回る必要を感じないので、ベアリング等は使用していない。
L字ステーにM6のボルト(100㎜)を取り付け、滑車との隙間を埋める程度にシールテープで補正。

滑車の軸

ここに滑車を差し込む。

滑車 組み立て

先端を袋ナットで止め、根元部分は滑車が軽く回る程度の場所でダブルナットで固定。

ダブルナットで固定

これで滑車部は完成。
最後に滑車部分を真鍮製の金具に取り付けて完成。

滑車と一脚を合体

全体はこんな感じ。

完成!

もう1枚アップで。

良い感じ♪

先端の滑車も自由に動かせるので、仕舞う時もコンパクトになる。

コンパクト

今回の作成時間は1時間程で完成。
費用は以下の通り。

カメラ用一脚             1350円
C型クランプ                230円
滑車                         400円
L字ステー×2(ステン)  700円
真鍮製金具                450円
ノブスター(M6)             80円
取手付きネジ              120円
ボルト&ナット類          100円
  TOTAL     3430円

予定より少々予算オーバー。
L字ステーをステン製にしたのが誤算だった。
あとは真鍮製の金具も別に必要なかったかも・・・^^;
でも既製品を買えば10000円前後はするからまぁ良いか^^
来期までにもう1つ作成予定。
スポンサーサイト

追加オプション完成!

JUGEMテーマ:フィッシング

ボートの上だと狭く、小物の置き場に困っていた。
ワカサギのボート釣りの際に、『有ったら便利だなぁ』と思っていた物。
特に困っていたのが餌箱の置き場で、手返しが勝負となるワカサギ釣りでは餌箱の位置も非常に重要なポイント。
そこで今回はこんな物を作成。

作業工程

①前準備として手持ちの餌箱の底面に5㎜ドリルで3㎜の深さの穴を開ける。
そしてその穴に磁石を埋め込みアロンで固定しておく(今回は9個の磁石を使用)。
(見た目は悪いが底で見えないので気にしない)



②竿置き同様にアクリル板とステンレス板をカット。
今回はアクリル板50㎜×150㎜、ステンレス版50㎜×130㎜のサイズでカット(自前の餌箱のサイズに合わせた)
アクリル板に6㎜のドリルで穴を2箇所開ける(左右に対応する為)



③作成済みの竿置きにM6のノブスターでL字ステーを取り付ける。



④面取りしたアクリル板にステンレス版を貼り付ける。
アクリル板をステーに取り付けて、『あっ!』と言う間に完成!



とても単純な物だけど、有ると無いでは大違い。
きっと今年のボート釣りで大活躍してくれる筈。

電動リールと餌箱をセットするとこんな感じ。
我ながら良い出来に大満足!



真上からみるとこんな感じ。



更に前面からだと・・・



う~ん・・・良い感じ^^
早く実釣で使いたい。

竿置きのプチ改造

JUGEMテーマ:フィッシング

電動リール置き台を自作してから、不具合点が何点か出てきた。
特に気になったのがC型クランプのハンドル部。
そこで追加オプションを作成前にプチ改造をしてみた。
ボートでの釣りでは余り気にならないかも知れないが、屋形船での釣りの時に竿置きを固定する際に下部にスペースが無い為、C型クランプのハンドルがぶつかり回しずらそう。
実際に仲間内でも固定しずらく竿置きを前後逆に固定しているとの声が有った。
それなら『ハンドル部を改造してノブスターを取り付ければ良いんじゃないの?』と思い、早速作業に取り掛かった。

作業工程

①まずはC型クランプのハンドル部をカットして取り外さなくてはならないのだが、私の手持ちの道具だとパイプカッターくらいしかないので、少々不安は有ったが実行してみた。
ダイソー品のパイプカッターだが、中々良い仕事をしてくれ無事にカットする事が出来た。



②カットしたハンドル部を更に25㎜の長さにカットする。



③この25㎜にカットしたハンドル部はノブスターを取り付ける際に再利用する。
私の使用したノブスター(M8用)では、25㎜がジャストサイズ(このサイズはノブスターの種類&サイズで変わる)



④次にC型クランプの開口ネジが入るサイズにノブスターの穴を広げる。
私の場合C型クランプの開口ネジの径が12㎜だったので、12㎜のドリルを使用。



画像のように開口ネジが綺麗に収まればOK。
少しくらい緩くなっても最終的にアロンで固めてしまうから問題なし。



⑥前もって25㎜にカットしたハンドル部をバーナーで炙る。



⑦炙ったハンドル部をノブスターの画像の部分に押し付け溶かす。
この時の注意点として最初の1回目はハンドル部を開口ネジの元の穴に納め、開口ネジをノブスターの穴に軽く入れノブスターが少し溶ける位で開口ネジを抜く。
こうする事で溶かす位置決めが出来るので、あとは再度ハンドル部を炙って一気に押し込む。



⑧ハンドル部を1度取り出し溶けたあとに出来た余分な部分をカッター等で削り綺麗に仕上げる。
ハンドル部を開口ネジの元穴に戻し、そのままノブスターへ差し込む。



⑨あとはアロンを流し込み固めて完成!



そしてもう1つの不具合点だったアクリル板の位置をついでに後方に移動。
少しでも前のめりならず腰が疲れなくする為の工夫。



以上で今回のプチ改造は終了!
 

これからの季節に向けて!

JUGEMテーマ:フィッシング

今回はFFには関係ない話。
でも全く関係ない訳でもなく、湖のFFでは非常にキーを握る存在では有るはず。
2年程前からドップリとはまってしまったコレ・・・ついには自作も始めてしまった^^;
披露するほどの物でもないが、私の自作した道具を紹介する。

まずは5㎜厚のアクリル板を2種類のサイズにアクリルカッターでカット。
今回のサイズは105㎜×140㎜と50㎜×40㎜で作成。




カットした105㎜×140㎜のアクリル板の中心に8㎜ドリルで穴を開ける。
その穴にバーナーで熱したM6ボルトを貫通させる。



上手く貫通させると綺麗に6角形の穴が開く。
この時の注意点は1度で貫通させず、数回に分けて貫通させる。
(貫通前にボルトが冷えて固まってしまうと取り返しが付かなくなるよ。)



溶けたアクリルがバリとなっているので、カッター等で削りM6ボルトがスムーズに通るようにする。



アクリル板のカット部をヤスリ等で研磨し、手を切らないように角を面取りする。



上部となる面に50㎜×130㎜にカットした滑り止めゴムとステンレス(SUS430)を接着する。




50㎜×40㎜のアクリル板の中心に6㎜のドリルで穴を開け、先に作成した105㎜×140㎜のアクリル板の中央に接着させ、滑り止めゴムを取り付ける。(M6ボルトを入れるのを忘れずに)



C型クランプ(開口部75㎜)に6㎜のドリルで穴を開ける。



穴を開けたC型クランプに画像の順番でネジ・ワッシャーを取付け、最後にL字ステーを蝶ナットで取付ける。



最後にL字ステーに、先に作成したアクリル板を蝶ナットで取付ける。



そして完成したのは・・・・・ワカサギ電動リール置き台!



台は半面はゴム、もう半面はステンレスで出来ている為、誘う時はゴム面で、リールを巻き上げる時はステンレス面に置きオートで巻き上げ。
リールの尻部に磁石を取り付けているので、巻き上げ時に穂先が引っ張られてもお尻が上がってしまわないから手放しでOK!



ダイワ・クリスティアにも、シマノ・DDMにもピッタリサイズ。




1枚のアクリル板から3台作成が可能の為、1台当たり2500円程で完成!

そして更なる追加オプションを作成中。
これもボートでの釣りでは大活躍してくれそうな代物。
完成したらお披露目したいと思う。
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。