スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしく寂しい香り

JUGEMテーマ:フィッシング

 思えばまだ子供の頃に、虹マスの放流日ともなれば必ず兄貴のチャリンコの後を追いかけ、あちらこちらの渓へと飛び回っていた記憶が有る。
2つ年上の兄貴は釣りが大好きで、渓流・ワカサギ・鯉のぶっこみと色々とこなす『釣りキチ』だった。
そんな『釣りキチ』だからこそ、『釣りキチ三平』の単行本はすべて揃っていたほどだ。
もちろん道具など安物で釣りの知識など全く無く、兄貴の釣りを見よう見真似で行っていた。
そんなだから沢山の魚を手にした記憶などほとんど無い。
それでも釣りの前日から興奮して眠れないほど、純粋に釣りが好きだった。
そんな子供を大人達は邪魔者扱いで、お祭りでもした日には純粋な子供の仕掛けを切ってしまう始末・・・。
そしていつしか大人が怖い存在に思えて、渓へとは足を運ばなくなった。

 あの頃はヤマメ・イワナなど夢のまた夢で、初めて釣った掌にも納まるほどの小さなヤマメでさえ宝物に思えて嬉しかった事を未だに思い出す。
後にも先にもその小さな小さなヤマメが、幼少期の私の唯一の宝物となった。
それと似た感覚を再び味わうのは、私が結婚をした26歳の頃。
実に15年以上の月日を経て、同じ感覚を再び味わえるとは夢にも思わなかった。

 成人した私は趣味と呼べるものなど殆ど無く、少しばかり長続きしたのはスキー・スノボーくらいだろうか?
それも異性目当てで、少しでも異性に良い所を見せたくてがむしゃらに練習した時期が有った。
その他と言えば、異性を求めて夜の町を徘徊する日々に明け暮れていた。
そんな私も今のカミさんと恋?に落ち、いつしかカミさんのお腹に命が宿っていた。
正直まだ結婚など考えていなかった私は逃げる事も考えたが、首根っこを押さえ込まれ覚悟を決めざるを得なくなった。

 籍を入れ数ヶ月経った或る日、同僚の後輩と何気なく交わした会話の中に『釣り』が有った。
どうやら流行り物が好きな後輩は、釣りは釣りでも当時流行り出しの『フライフィッシング』に興味が有ったようだ。
私はフライフィッシングなど初めて耳にした釣りだったが、幼少期を思い出しながら懐かしい昔話に花が咲いた。
そしていつしか『一緒に釣りを始めようじゃないか』と話は進んで行った。
そうなると問題は道具を買う軍資金だったが、何とかカミさんを説得して了解を得た。
翌日には後輩と共に釣具屋へ出掛け、後輩はフライのセット売り品を買い、私は型遅れでセール品の餌釣り竿を購入した。
そしてその足で地元の渓、確か碓氷峠のめがね橋の下の流れへと出掛けた。
子供の頃には川の中に入って釣る事などした事が無かったので、そのままの知識で長靴を履いて渓へと降りた。
もちろん長靴では川底が滑り歩行もままならず、長靴の中はすぐに水浸しで用を足していなかった。
恥ずかしながらウェダーやフェルトと言う言葉を知ったのもこの後であった。
釣り上がりに苦戦しながらも、昔の勘を頼りにポイントに餌を入れるも反応さえ無かった。
フライ初挑戦の後輩もキャストさえ出来ないのだから釣れる筈もなく、二人とも一旦歩道に上がる事にした。
歩道を上流に向かい歩くと、歩道にに沿って流れがぶつかるポイントが有り、良い感じの流れとなっている。
後輩が歩道から竿を伸ばし提灯釣りで流れに毛鉤を置いた瞬間、激しく水飛沫が上がり同時に後輩も驚いて竿を上げた。
一瞬何が起きたのか二人とも理解出来ず顔を見合わせて呆然としてしまった。
ふと我に返り跳ね上げた竿先の仕掛けを見ると、木に引っ掛かり回収不可能の現状に気付き笑った。
そしてグシャグシャに絡まった仕掛けの先に、何やら茶色い枯れ葉のようなものが付いているのに気付いた。
それは枯れ葉などではなく、10cm程では有ったが私の生涯で初めて生で見る『イワナ』だった。
まさに『目から鱗』とはこの事だった。
それもそのはず、後輩の釣りを見ていて『そんな釣りで釣れっこ無いじゃん』と思っていたからなのだ。
つい先程まで『釣れない釣り』と思っていたフライが、その瞬間は『いま1番釣れる釣り』と豹変してしまい、後輩にフライを1本おねだりしていた。
思えばその時のフライこそ、今でも1番の信頼を置いている『エルク・ヘアー・カディス』だった。
餌釣りの仕掛けの先にエルク・ヘアー・カディスを結び、私も提灯釣りでポイントへと毛鉤を置いてみた。
すると先程とは違い何処からか魚が毛鉤目掛けて『スゥー』と浮いてきて、毛鉤をゆっくりと口にした。
まるでスローモーションでも見ているかのように、時間がゆっくりと流れた気がした。
そして幼少の頃のあの何とも言えない気持ちが再び私の中から込み上げ、何か懐かしく何故だか少し寂しくなる香りが鼻の奥で薫った。

 最近の私はどうだろう?と自分に問いかけてみた時、大物を釣った時の喜びは有れど、あの時のような新鮮な心の底からの喜びは無いように感じる。
むしろ釣れないで悩んでいるビギナーの後輩達が羨ましくも思う事も有る。
だって今は釣れなくてもこれからあの喜びを味わう事が出来るのだから。
出来る事なら記憶を捨てて、もう1度最初から釣りをやり直したいと思う程だ。
そしていま床に就いて目を閉じると、フライを始めた頃の渓に立った瞬間の映像と共に何故だか寂しくなる香りが鼻の奥に薫るのだ。
こりゃやばい、かなり重症のようだ。
スポンサーサイト

別天地

JUGEMテーマ:フィッシング

4月30日(金)

今回はGW中と言う事も有り、竿は置いてのんびりと『タラッペ』を採りながら山を歩こうと計画していました。
そして前日、同じ事を考えていたようで同僚のSさんからまったく同じ内容で誘いが有りました。
もちろん二つ返事で了解をして待ち合わせの約束をしました。

地元では時期的に山菜は終盤なので、どうせなら明日に解禁を控えた『野反湖』の年券を購入しながら山菜採りをしようと言うことで六合村方面と向かう事にしました。

ところが・・・今年は寒暖の変化が激しい上に、季節外れの大雪が重なったせいか目的の『タラッペ』はまだ芽が出たばかりで収穫にはまだまだ早すぎます。

あっさりと目的を失ってしまった私達は、折角だから野反湖を見て帰ろうと野反湖へと向かう事にしました。
野反湖が近くなるにつれ残雪の量がどんどん増して行き、そして私達の目に飛び込んできた野反湖を見て衝撃を受けました。

解禁前日

ほぼ前面凍結状態です・・・。
残雪も多いところでは3mは有るのではないでしょうか?
この野反湖に通い始めて18年目のSさんも『ここまで雪が多いのは今まで無いかも知れない』と驚いていた程です。
明日(今日)の解禁・・・釣りになるのでしょうか?

白根山をバックに

野反湖を後にし『六合村役場』で無事に年券を購入し帰途に着きました。
Sさんと別れたのはまだ14:00前と早く、ふと『タラッペ』を期待して待っている家族の事が頭に浮かびます。
このまま手ぶらで帰るわけには行きません。
確立は低いのは承知で、その足で地元の山へと向かいました。
しかしながらやはりすでに遅く、目に付き易い場所は綺麗に無くなっています。
しかもその採り方に私は怒りを覚えずにはいられませんでした。

無法者

枝ごとノコギリで切り落とされ、中には根元から切られているものも有りました。
人間の欲とは恐ろしいと感じずにはいられませんでした。
自然の恩恵を拝借させて貰っているのに、まったく感謝の気持ちなど無いのですね。
まったく自分の事しか考えていない『大馬鹿野郎』です。

そんな無法者への怒りを抑えつつ、少し奥へ足を踏み入れると密かに芽を伸ばした宝を見つける事が出来ました。
2番芽、3番芽に傷を付けないように慎重に1番芽だけを拝借します。
なんとか家族分だけを収穫出来たところで山を下りました。

今晩のつまみ

釣りと同じ位、この時期の私の楽しみ。
でも渓流と同じく、年々荒れて収穫のポイントが減っているのが現状です。
山の遊び、川の遊び、どちらも遊ぶ側の気持ち一つで良くもなるし、悪くもなるのですね。
悪くするのは簡単だけど、良くしようと思った時に手遅れにならなければ良いのですが・・・。

この日の晩酌には勿論『タラッペの天ぷら』で美味しいビールを飲みました。
改めて自然に感謝感謝の一日です。

今年もよろしく!

 

新年明けましておめでとうございマス^^

今年も皆さんが良い釣りが出来ますように!!

もちろん私も負けないように頑張ります^^;

シーズンを振り返って

JUGEMテーマ:フィッシング

私の住む群馬県は今月の20日で禁漁となり、全国的にも残すところ数日となりましたね。
私は県内の釣りを最後に一足先に〆の釣りを済ませましたが、まだ〆の釣りをこれからと言う方も多い事でしょう。
今シーズンも無事に目標をクリア出来、悔いの残らない?シーズンを終わる事が出来ました。
ひとつ欲を言えば目撃した30後半の魚を仕留めたかった・・・^^;
まぁ仕留められなかった理由は自分の技量不足がすべてですから、来シーズンの宿題です。

今シーズンは私にとって色々と思い出に残る出来事が有った年でもありました。
1番の印象に残った出来事は、尺上のイワナが1度バレたのにも関わらず再び同じポイントに戻り再びフライを咥えた事でした。
過去に地元の碓井湖で放流物の20cmほどのイワナが、バレた後に再びライズを繰り返しながら泳いで行ったと言う経験は有りましたが、天然の尺イワナでは信じられない出来事でした。
まだ魚のコンディションは悪く細いイワナでしたが嬉しい1尾でした。

31cm

次はまだ記憶に新しい1日に尺上5匹と言う、自分でも驚いた大記録が出た出来事です。
この日は午前中はパッとせず午後になってようやく魚の活性が上がってきました。
最終ポイントまでに2匹の尺イワナを釣り、満足をして渓を下っていました。
すると行きには反応さえなかったポイントにイワナの姿が確認出来、釣り上げてみたら尺上イワナでした。
そんな出来事が何度も重なり、渓を下りながら尺上を3匹追加出来たのです。
実はこの日、私の後からフライマンが1人釣り上がってきたのですが、私の姿を確認して下って行きました。
もしこの方が時間を置いてから再び釣り上がっていれば、この方がこの3匹の尺上をキャッチしていた事でしょう。
実際にこの渓で『1日が終わって見ないと解らないなぁ』と言った経験を何度もしました。

33cm

他にもたくさん貴重な体験を出来たのが今シーズンの1番の収穫だと思います。
この貴重な体験をこれから先に生かす事が出来れば、きっと来シーズン30後半も夢ではないでしょうが、今の私にはまだまだ時間が掛かりそうです^^;

先日、今シーズンを振り返って画像を見ていて或る事に気付きました。
それは画像にフラッシュを使用した物が無いと言う事です。
確かに最近のデジカメの性能による為や天気に恵まれた日が多いと言う理由も有りますが、1番の理由はここ数年はイブニングをやっていない為です。

33.5cm

数年前までは真っ暗でフライが見えなくなってもロッドを振っていた私です。
時にはイブニングだけの為に渓に出掛けていた事も有ります。
それが何故イブニングをやらなくなったのか?
それは単純に暗くなってから渓を歩くのが面倒になったと言うのも有りますが、いくつかの或る出来事が私をイブニングから足を洗わせたのです。

その一つが会社の餌釣りの方との釣り談義をしていた時の話です。
その方は解禁日となると、まだ暗いうちからポイントに入り『蛍光うき』を使って釣りをして爆釣だと自慢げに話をしていました。
そんな彼に『釣りって、日の出から日の入りまでですよね?それって違反じゃないんですか?』と聞くと『そんな事言ってフライだって真っ暗になるまでやってるじゃねぇ』と突っ込まれ返す言葉を失ってしまいました。
確かにフライが見えない時間はすでに『日の入り』を過ぎているんですよね・・・。
C&Rだの、バーブレスフックだのと、『私は魚に優しい釣りをしてます』みたいに言っていても、魚が一番無防備になっている時間を狙って釣っていた自分が恥ずかしくなってしまいました。
最近では某フライ雑誌でも『暗くなってから30分が勝負』などど歌っている位です・・・。
有名な雑誌でそのようなキャッチコピーはどうかな?と思ってしまいます。

そしてもう一つの理由が、某エキスパートの方の言葉からです。
それは『出来ることなら撮影時にはフラッシュを使いたくない。少しでも自然な色合いで忠実に再現したい。折角の被写体もフラッシュを使う事により台無しになってしまう。だったら暗くなってからの釣りを止めれば良い』と言う言葉でした。
丁度その頃、イブニングの釣りに疑問を持ち出していた私は非常に強くこの言葉が心に響きました。

だからと言って決してイブニングの釣りを否定してる訳では有りません。
私だって帰り際に良型のライズを目撃してしまったら、ロッドを振りたい気持ちを抑えきる自信は御座いません^^;
ただイブニングを進めるような記事や、暗闇で撮影した画像までも載せるのはどうかな?と思ってしまうのです。
まぁこの辺の考え方は、それぞれ意見が違うと思うので答は出ないと思います。
でも『日の出から日の入り』と言うルールは間違いなく存在するので、その辺をもう一度肝に銘じて考えて頂きたいと思うのが私の意見です。

自然の光を借りて撮影した画像はやはり良いもので、100%は無理ですがその瞬間を切り抜いて自宅へ持って帰れます。
そしてオフシーズンに、ニヤニヤしながら画像を眺めている私を再び渓へ連れて行ってくれるような気がします。
そんな時間を少しでも多く味わう為に、たくさんの画像をこれからも残して行きたいと思います。



2度目?

泣尺

M.F.D 飲み会

JUGEMテーマ:フィッシング

今シーズンはまだM.F.Dメンバーでの釣行は実現されていませんが、久しぶりに集まり釣りの話をつまみにワイワイとやってきました。
1名都合が合わず欠席となりましたが、今年から新しいメンバーも1名加わり総勢7名での活動となります。
最近では釣りより酒の席での活動がメインとなりつつ有りますが、それでも集まれば皆さん釣り好きばかりで楽しい『釣り談議』で盛り上がり、時間の立つのも忘れ盛り上がりました。



何かと忙しい皆さんなので中々予定が合いませんが、残りの渓流シーズン~野反湖の釣りまで時間を調整して釣行したいと思います。
メンバーの皆さん今回は楽しい時間を提供して頂きありがとうございました。
次回は2次会で『柳川』に釣りにいきましょう^^
プロフィール

wild wood

Author:wild wood
 
春から秋は渓流でのフライフィッシング、秋から春はワカサギを楽しんでいる中年。
渓流では数よりサイズを求め、秘境を探し渓を彷徨い歩く。
ワカサギは10束を目標に自作の道具を考案中。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。